世界初、ジャガイモのエネルギーにより自動で動く「ポテト・カー」がユニーク


ジャガイモだけの力で動いていく小さな車が、YouTubeで公開され、ユニークだとして注目されている。

世界初の自動運転するポテトと主張

 

その「ポテト・カー」を開発したのはポーランド人のエンジニアである、Marek Baczynskiさん。

 

彼は古くなったジャガイモにさまざまな装置をつけ、自ら電気を作って自動で動くミニカーを作り、その映像を公開した。

 

Baczynskiさんはこれを「Pontus」と名付け、世界で初めて自動運転するポテトだと主張している。

YouTube/Marek Baczynski

YouTube/Marek Baczynski

一定量の電力が集まると動く

 

彼によればそもそもジャガイモは電気を通す性質をもっているため、電極をつなげれば電気が流れていくという。とはいえ一個のジャガイモから十分な電力を得ることはできない。

 

そのためBaczynskiさんはエネルギーを集めるチップと、コンデンサー(蓄電器)を一緒にジャガイモへ装着。その結果、チップは電気化学的なエネルギーを集め、それがコンデンサーに蓄積されていく。

 

やがてある一定の電圧が集まると、小さなモーターが回転して動くそうだ。

1日充電すれば7.5mも移動

 

とはいえ15分間充電して、移動した距離はわずか数センチ。ただ1日通して充電すると、7.5mも移動することが可能だという。

 

さらにBaczynskiさんはジャガイモにモーターを追加し、さらにコントロールボードも装着。その結果、自ら方向を決めて動けるようになったそうだ。

もっとも当初は混乱した動きを見せていたが、今ではジャガイモが自ら太陽の当たる場所を見つけることができるようになったとか。

Baczynskiさんはまるでペットのようだと言っているが、それにしても野菜だけでここまで動くとはなんとも不思議な光景と言えるかもしれない。(了)

 

 

出展元:MailOnline:Meet Pontus the bizarre self-driving ‘pet’ vehicle powered by a POTATO(6/23)