水面を飛ぶように滑っていく、新感覚のモーター・サーフィンが楽しそう


水面から突き出て移動する、ユニークなサーフボードが開発され、注目されている。

 

モーターを使い、最高速度は時速40km

 

そのサーフボードの名前は「eFoil」。中米プエルトリコのアグアディアという街にある、スポーツメーカー「Lift」によって開発されたという。

 

これには下部に水中翼がついており、電気モーターの推力により水面のわずか上を、安定して滑っていけるそうだ。

LIft

モーターはリチウムバッテリーで動き、時速24kmで1時間乗ることが可能。最高速度は時速40kmにも達し、音も静かで、使用後も約2時間30分で再チャージできるとか。

Instagram/liftfoils

1時間練習すれば乗りこなせる

 

操作には2つの小型ブルートゥースのコントローラーを使用。レバーを押すことで即座に適したスピードに達し、体重を傾けて方向を決められるという。

 

しかも乗り心地も安定しており、サーフィン初心者でさえ約1時間練習すれば、簡単に乗りこなせるようになるそうだ。

 

さらにバッテリーの容量が少なくなれば、自動的に減速するため、岸や浜から離れていても安全に戻ってくることが可能だとか。

 

ただしこれを開発するには非常に時間がかかったそうだ。「Liftの共同設立者で、チーフ・エンジニアのNick Leason氏も次のように語っている。

 

「過去10年間、私たちは皆のために、ユーザーが使いやすい乗り物を作ることに熱心に取り組んできました。そして今、私たちはそれを世界へ届けるためのミッションを開始したのです」

 

新感覚の乗り物、値段は137万円

 

この「eFoil」はすでに試作機によるテストを終え、正式に製品を作り始めており、サイトで予約を受け付けているという。

 

タイプは2種類あり、色も黒や青、緑、紫と4パターンを用意。ただし値段は少し高めで、1万2000ドル(約137万円)になり、最初の出荷は9月を予定しているそうだ。

 

Leason氏は製品の特徴について「これはサーフィンや空中移動、パウダー状の雪でのスノーボードなど全てをミックスしたものです。この感覚は他のどのカテゴリーにも属しません」と語っている。

 

またこの「eFoil」のエンジン部分は13.5kgしかなく、ジェットスキーよりも手軽に持ち運べ、とても利用しやすいという。(了)

 

 

出典元:MailOnline:Now that’s surf-tastic! 25mph board can FLY over water and allows even beginners to experience the thrill of riding the waves (but it will cost £9,300)(7/6)