ノルウェーのマクドナルドが、菜食主義の人も利用できる新製品を発売


完全菜食主義の「ヴィーガン」の人々のため、北欧のマクドナルドが新たなメニューを発表した。

豆からできたパティを使用

 

その新製品とは「Veggie McSpice」。これはノルウェーのマクドナルドが、ヴィーガンの人々も利用できる商品として先月、発表したという。

 

実際に「Veggie McSpice」にはハンバーグなどの代わりに金時豆をベースにしたパティが使われており、そこにニンジンやタマネギ、ピーマンなどが組み合わさっているそうだ。

 

味付けもトマトパウダーや香辛料の「クミン」、「カイエンペッパー(トウガラシの実)」といったものが使われ、スパイシーになっているとか。

 

またチーズを入れることができ、自分の好みに合わせて他の食材も選ぶことができるとされている。

 

実際に食べた人は「豆のパティはしっかり揚げられ、程よい生地になっており、ちょうどサルサソースをつけた、茹でたポテトのような味わい」と記している。

栄養価は次の通り。(1製品あたりの数値)

・エネルギー :521kcal

・脂肪    :22g

・飽和脂肪  :4.6g

・炭水化物  :63g

・砂糖    :13g

・繊維    :7.2g

・タンパク質 :14g

・塩分    :2.7g

他の国ではヴィーガン用の商品も

 

そもそもマクドナルドの商品については、今まであまりヴィーガンの人々からは注目されてこなかったと考えられている。

 

しかし近年、ファーストフード業界ではヴィーガンの人々の需要が増えており、動物由来ではない食べ物が求められてきたという。

 

実際、すでに香港やシンガポール、サウジアラビア、南アフリカなどのマクドナルドでは、ヴィーガンの人々も利用できる選択肢を用意しているそうだ。

 

このような動きが広がれば、日本のマクドナルドでも同様の商品が登場するかもしれない。(了)

 

出展元:METRO:McDonald’s Norway release vegan-friendly burger(5/10)