まるでシースルー!体が透明で心臓まで透けて見える新種のカエルを発見


南米のエクアドルで、体が透明で赤い心臓まで透けて見える新種のカエルが研究者らにより発見された。

アマゾンの低地で発見される

 

そのカエルは、アマガエルモドキ科の仲間とされ、他の種と異なり背中に濃い緑色の斑点があるという。

ZooKey

これを発見したのはエクアドルのSan Francisco de Quito大学などの研究チーム。彼らはアマゾン川流域の低地でこのカエルを見つけ、学術誌「ZooKeys」において発表した。

赤い心臓や内臓も透けて見える

 

このカエルの最大の特徴は、体の腹膜が透明であること。そのため赤い色をした心臓やその他の内臓器官も完全に見通すことができるそうだ。

ZooKey

また繁殖行為もこの種では珍しい特徴を持っており、オスが卵を抱いて保護すると言われている。

ZooKey

透明なカエルは他にもいる

 

もっとも透明なカエルは、これが初めてではない。それどころかアマガエルモドキ科の仲間の多くは体が透ける特徴を持っているという。

 

しかし仲間の全てがこのように鮮やかな赤い心臓を持っているわけではなく、また胸にある心臓が全て見えるわけではないようだ。

 

実際に心臓自体が白い(半透明の膜に覆われている?)カエルもおり、赤い血が流れている様子を見ることができないものもいるとされている。

ZooKey

San Francisco de Quito大学のJuan Guayasamin氏は取材に対し「私は毎日、カエルを扱っていますが、このカエルはこれまで見た中で最も美しいものの1つです」と語っている。

石油開発が進み影響が懸念される

 

しかし現在、エクアドルでは石油開発が進められ、その結果として道路の建設も行われ、それらがバリアとなってカエルの分散や仲間との交流を妨げている可能性があるという。

 

当然、水質の問題もあるが、エクアドルでは今後も石油採掘に力を入れる予定のため、開発が進めばさらにこのようなカエルの生息域に影響を与えることが懸念されているそうだ。(了)

 

 

出展元:MailOnline:Researchers discover incredible new glass frog so translucent you can see its heart beating(5/26)