あれ?食べた?記者会見の最中に大統領が虫を吸い込み、思わず苦笑い


中米にあるパナマと国境を接しているコスタリカ共和国。その大統領の口の中へ、虫が入り込んだ映像が記者会見の最中に撮影された。

ハチが大統領の口の周りでホバリング

 

その場面を撮られてしまったのは、コスタリカのLuis Guillermo Solís大統領。ある日、テレビカメラの前で記者会見に応じている最中、突然大統領の口の付近にハチが接近した。

Facebook/PZ Actual

しかし記者の質問に対し真剣に答えていたSolís大統領は、それには気づいていない様子。

Facebook/PZ Actual

やがてハチはしばらくその場でホバリングを続けた後、突然大統領の口の中へ吸い込まれてしまう。

Facebook/PZ Actual

Facebook/PZ Actual

Facebook/PZ Actual

そばでハチに気づいていた背後の女性は思わず、口に手を当て驚くが、大統領はなおも真面目にコメントを続けていた。

Facebook/PZ Actual

「食べちゃったよ」とコメント

 

しかしハチが口に入る様子は、そばで見ていた記者たちも確認済み。

 

そのためコメントが終わった後、大統領も無視できなくなったのか、思わず「これを食べちゃったよ。私はハチを食べちゃったよ」と笑い、記者やカメラマンたちの笑顔を誘ったという。 

Facebook/PZ Actual

Facebook/PZ Actual

その後、大統領はスタッフから水を渡され完全に飲み込んでしまったそうだが、ハチのお味についてはコメントしてない。(了)

 

 

出展元:MailOnline:Bitten off more than he can chew? The moment Costa Rican president accidentally ATE a live wasp on air(6/19)