イギリスの上空で、不思議な形をした物体が複数の人に目撃され話題に


昨年の年末にイギリスで、奇妙な形をした物体が目撃されたとして話題となっている。

 

隣人と一緒に物体を目撃する

 

その物体が目撃されたのは、イングランド南西部のデボン州にあるExmouthという街。

 

そこに住むMark Emminsさんは12月28日の午後1時頃、上空に卵型の光る物体を目撃したという。

 

その場で一緒に見ていた隣人のTyron Osborneさんは、物体が動き始めた時にカメラを手に撮影。写真をフェイスブックに投稿した。

 

数時間静止し、突然消える

 

Markさんによれば最初その物体は単なる「曲った雲」に見えたが、白く輝いており、やがて暗い色へ変化していったという。

 

そして数時間静止した状態で漂い続けたが、その後突然動き出し、上空へ姿を消したそうだ。

 

彼は「私の人生において、今回は2度目になります。私は自分と隣人がUFOを見た、と正直に言うことができます」と述べている。

「新しい兵器?」「人工衛星では?」

 

また隣人のTyronさんも最初、その物体が単なる星だと思っていたが、すぐにこれまで見たことがないものだと気づいたという。

 

Tyronさんは英紙DailyMailの取材に対し「エイリアンを信じることに関しては、私は常々宇宙には人類だけではないと考え、そう信じられるものを見たいと願っていました。しかし実際にそれが起きるとは予想していませんでした」と語っている。

 

もっともこの写真がネットで広まってから、Markさんのフェイスブックには多くのコメントが届けられた。

 

その中には「新しいタイプの兵器だ」や「人工衛星では?」「誰かのドローンだよ」「これはフェイクの映像だ」というさまざまな意見が寄せられたそうだ。

 

この物体が何なのかは定かではないが、それにしても不思議な姿をしていると言えるのではないだろうか。

 

出展元:DailyMail: Musician ‘captures fiery UFO that flew directly at him after he spotted it floating in the skies above Devon for THREE hours’(2016/12/31)

出展元:THE Sun: MEN FROM OUTER SPACE? Terrified musician says mysterious fiery UFO floated in the Devon sky for three hours before ‘flying directly at him’ after he snapped it (2016/12/29)