ニュースの生放送中にハプニング!突然部屋に子供が楽しげな様子で入ってきた


イギリスBBC放送でのインタビューにおいて、予想もしなかったユニークなハプニングが起き、話題となっている。

韓国の問題を真剣に答えていた教授

 

BBCによればその出来事は、3月10日に放送していたニュース番組の生放送中に起きたという。

 

その時、自宅でインタビューに応じていたのは、釜山大学政治外交学部で国際政治を教えるRobert Kelly教授。

 

彼は韓国でパク・クネ大統領が罷免されたことについて、今後どのような影響があるのかを尋ねられ、真剣に答えていた。

何も知らずに娘さんが部屋へ現れる

 

しかしアナウンサーが「もし地域の情勢変化が起きたとしたら、北朝鮮との関係は変わると思いますか」と尋ねた時、教授の部屋のドアが開き、幼い娘さんが登場。

 

 

 

とても楽しげな様子で鼻歌を歌いながら、パパの机へと近づいていった。

 

その姿に気づいたKelly教授は冷静な表情を浮かべたまま、腕を伸ばして娘さんを後ろへ下がらせながら、アナウンサーの問いに「もしそうなったら私は驚くと思います」と答えた。

 

歩行器に乗った赤ちゃんまで登場

 

しかし事態はさらに複雑に。今度は後ろのドアから歩行器に乗った赤ちゃんまで登場してしまう。

 

 

そこに奥さんらしき女性が慌てて部屋に入ってきて、娘と赤ちゃんを抱えて部屋の外へ。

 

 

Kelly教授は、物音が収まるまで「申し訳ありません」と呟き、娘さんが連れて行かれる姿に思わず微笑みを浮かべながら「謝ります」と答えた。

 

その後、Kelly教授は娘さんの泣き声を聞きながらも、何とか質問に答え続け、無事にインタビューを終えたという。

 

このハプニングの動画は、娘さんがとても可愛らしいとして多くの人が関心を寄せ、YouTubeでも1500万回以上も再生された。

 

またとても珍しいユニークな出来事だったとして、多くのメディアでも紹介されている。(了)

 

 

出展元:BBC:BBC interview with Robert Kelly interrupted by children live on air(3/10)