上半身はジャケット、下半身は…意外な姿でインタビューを受けていた政治評論家が話題に


ヨルダン人の政治評論家が、意外な姿でインタビューを受けていたとして話題となっている。

 

アルジャジーラのインタビューを受ける

 

その政治評論家とはMajid Asfour氏。彼は以前、「Al Rai Arabic」というヨルダンの新聞で主筆を務めており、先月スカイプを通してアルジャジーラのインタビューを受けていた。

 

その時のテーマは、ヨルダンの首都アンマンで起きた銃撃事件について。それは7月23日にイスラエル大使館で起きた発砲事件で、2人のヨルダン人と1人のイスラエル人が死亡したというもの。

 

Asfour氏はインタビューにおいて、その事件の深刻さについて述べ、テレビ画面は生中継で彼の姿を映していたという。

 

上半身はジャケット、下半身はパンツ姿

 

そのテレビ画面は、実は自宅にあったカメラでも撮影されていたのだが、それを息子のManaf君が操作。膝の上にクッションを重ねて、そこにコンピュータを置き、インタビューを受けているAsfour氏の姿を撮影した。

 

しかもその時Asfour氏は、上半身にスーツとシャツを着ているが、下半身はパンツ一枚という意外すぎる姿もしていたそうだ。

その後、Manaf君はこの動画を友人へ送ったという。しかしそれが次第にネットを駆け巡り、こんな姿でインタビューに応じていたのかと多くの人が驚き、映像が数千人にシェアされたとか。

 

話題になった後、Asfour氏はJordan Timesへの取材に対し「アンマンの気温は30℃以上もありました。私は家にいました。それでジャケットとシャツは着たのですが、このような形でオンエアになったのです」と語っている。

 

またAsfour氏は冗談で「自分は30年間近く、メディアで政治分野の仕事に携わってきましたが、ここまで人気が出るような経験をしたのは初めてでした」とも語っているという。(了)

 

 

出典元:INDFPENDENT:Politics expert goes viral after not wearing trousers during live TV interview(8/1)