車内に閉じ込められた赤ちゃん、ハンドルを握り笑顔を向ける姿がユニーク


車内に閉じ込められた赤ちゃんが、消防士たちに笑顔を向けるユニークな場面がイギリスで撮影された。

トランクにカギを置き忘れてしまう

 

その赤ちゃんとはコーンウォールのBudeという街に暮らす、生後14カ月のBrandon Emery君。

 

彼の母親であるKirsty Greenさんは先週末、食料品店で買い物をした後、Brandon君をカートに乗せて車に戻り、トランクに荷物を降ろそうとしていたという。

 

その際、彼がカートの上で立ち上がろうとしていたので、落ちないよう車の後部座席に座らせ、トランクへ向かったそうだ。

Facebook/Marshall Moghaddam

しかしKirstyさんは荷物と一緒に車のカギも中に入れ、気づかずにトランクを閉めてしまう。

 

しかも後部座席にいたBrandon君は、いつの間にか運転席へ。そしてKirstyさんが回り込んで運転席のドアを開けようとした時、子供が車内のボタンを押し、ロックがかかってしまったという。

コインを口に入れようとし始める

 

幸いなことにその様子を見ていた周りの人々が立ち止まって声を掛けてくれ、その間にKirstyさんは地元の消防署へ通報。数分後には5人の消防士が駆けつけてくれた。

 

そしてフロントガラスを覗くと、Brandon君がハンドルを握り、楽しそうな笑顔を向けていたそうだ。

Facebook/Marshall Moghaddam

消防士たちは窓を割らずにさまざまな方法でドアを開けようと試みたが、やがてBrandon君が車内にあったコインを口に入れようとし始める。

 

そのためKirstyさんは窓を割ることに同意し、消防士が後部のガラスを割って救出したという。

今ではユニークな思い出に

 

その後もBrandon君は笑顔を浮かべていたようだが、当時のKirstyさんにとっては恐ろしい事態だったにちがいない。

 

しかし結局、子供は無事だったため、今ではKirstyさんもユニークな思い出として振り返っているという。

 

そして取材に対しては、笑顔を向けるBrandon君の写真を見つめながら、冗談で「彼は明らかに厳しい試練でトラウマになっていますね。写真を見ても分かる通り、彼はその時本当に楽しんでいたと思います」と語っている。(了)

 

 

出展元:CBS:Toddler locks himself inside car, laughs as 5 firefighters desperately try to free him(5/2)