髪型も顔つきもそっくり!英の聖堂に飾られているトランプ大統領に似た石像がユニーク


トランプ大統領にそっくりな彫像が、イギリスで発見されているのをご存知だろうか。

700年前に作られたガーゴイル

 

それが見つかったのはイングランドの北中部、ノッティンガムシャーにあるサウスウェル大聖堂。

 

英紙Mirrorによれば。これは雨樋の役割も果たす「ガーゴイル」という彫刻として作られたという。

 

今から約700年前、14世紀に制作されたと考えられ、聖堂内の説教が行われる場所、ちょうど一般信者の席と聖歌隊席を隔てる仕切り付近に飾られているそうだ。

 

全部で280個あるガーゴイルのうちの1つとされ、石で作られたと考えられているが、19世紀には漆喰での修復も行われたとされている。

YouTube/Ruptly TV

YouTube/Ruptly TV

YouTube/Ruptly TV

ツイッターに投稿し話題に

 

実はこの像が注目されたのは昨年のこと。ロンドン在住の女性、BBCのラジオ番組でアナウンサーを務めるSamira Ahmedさんが、夫と訪れた時に偶然、トランプ氏に似ていると気づいたという。

 

その後、彼女は写真を撮り、ツイッターに投稿。すると多くの人が反応し、500回以上もリツイートされたそうだ。

 

確かに顔つきや、特に髪型などは非常によく似ている。

身分の高いものではない

 

しかし大聖堂のNigel Coates師によれば、残念ながらこの像は決して身分の高い部類には入らないそうだ。

 

Coates師は取材に対し、次のように語っている。

 

「この頭(像)は他の中でも身分の低い方になります。王や女王、ましてや商人にさえ値しません。だからトランプ氏は14世紀に自分の特徴が刻まれて嬉しく思うかもしれませんが、王や女王に匹敵しないとして残念がるかもしれませんね」

 

出展元:Mirror:Donald Trump’s face spotted in ancient church stone carving and it’s grotesque (literally)(2/3)