【閲覧注意】海に入っただけで足が血みどろ…謎の生物に咬まれた少年の姿がショッキング


オーストラリアの少年が、海に入った後に足が血だらけになる事態に直面し、注目されている。

 

虫が咬んだ跡が数百も残る

 

その出来事が起きたのはメルボルンのBrightonという街とされている。被害を受けたのはSam Kanizay君(16)。

 

彼は先週の土曜日(8月5日)、サッカーをした後にDendy Streetビーチへ行き、波打ち際の浅瀬で海水に足を浸したという。

 

しかしその30分後、彼が靴のある場所まで戻ってみると、足が血だらけに。よく見ると足首や足の甲のあちこちに咬み跡のようなものが何百もあったそうだ。

 

彼の父親であるJarrod Kanizayさんは、その時の様子から小さな海の生物が息子の足を咬んだと主張。取材に対しても「その生き物はSamの皮膚を通して貪り、大量に出血をさせたのです」と語っている。

Facebook//Dr Chris Brown

さまざまな専門家も分からずじまい

 

Jarrodさんはその場で足の出血を止めることができず、すぐにSam君を病院へ。しかし病院のスタッフも、傷の状態を見ても何が起きたのかわからなかったという。

 

Jarrodさんはその時の状況を、次のように語っている。

 

「息子の足の血を拭っても、すぐに血は流れ続けました。病院の床には大きな血だまりができていました。病院のスタッフはさまざまな人へ電話をかけていました。それが毒物の専門家か海洋生物の専門家か、またはメルボルンの他の医者だったのかは定かではないですが、結局誰も分かりませんでした」

Facebook//Dr Chris Brown

ニューサウスウェールズ大学の海洋無脊椎動物の専門家であるAlistair Poore氏も、このようなケースは見たこともないという。

 

彼はGuardian Australiaの取材に対し、次のように語っている。

 

「咬んだのは、海の無脊椎動物によって引き起こされたに違いありません。最も可能性のあるのは、ウミノミです。しかしこのような広範囲にわたり出血を引き起こすには、相当多くのウミノミが必要でしょう。もしそれがウミノミなら、これはとても重要なサンプルです」

 

また多くの海水浴客はクラゲに刺されたのを咬まれたと錯覚するが、このケースではあまりにも症状がひどいため、このシナリオには合わないようだ、とも述べているとか。

Facebook//Dr Chris Brown

父親がビーチでその虫を捕獲する

 

この出来事が起きた次の夜、Jarrodさんは再びビーチへ行き、網に生肉を詰めて、大量に群がってきた体長2mmほどの海洋生物を捕獲したという。

 

その後、トレーに移し替えて中に入っていたものを撮影。するとそこには甲殻類のような生物が、肉を貪っている様子が写っていた。

 

そして彼は動画の中で「明らかになったのは、これらの小さな虫が本当に肉を愛しているということだね」と語っている。

Facebook//Dr Chris Brown

小型甲殻類の「ウミノミ」だと判明

 

CNNによれば、Jarrodさんが採集した生物を、その後ビクトリア博物館の専門家が調べたという。

 

その結果、やはりこれは腐肉食性小型甲殻類の一種で、「ウミノミ」とも呼ばれる端脚類の生物だったことが分かったそうだ。

 

そして出血が止まらなかったのは、これらの甲殻類が出す抗凝血物質が原因と考えられるとしている。

 

しかしウミノミに刺されてここまで傷を負うのは異例で、海水の中で長い間足を動かさなかったことが原因かもしれないという。ただ毒はないため、専門家はSam君の傷はいずれ回復すると見ている。(了)

 

※下はJarrodさんが採集したウミノミの映像だが、閲覧にはご注意いただきたい。

 

出典元:the guardian:Tiny ‘meat-loving’ marine creatures ‘eat’ teenager’s legs at Melbourne beach(8/7)

出展元:CNN:海水に浸した両足が血まみれに、「ウミノミ」原因か 豪州(8/8)