インド洋に現れた海賊、急速に迫るボートを迎撃する動画が公開される


インド洋の沖合で迫ってくるソマリアの海賊船。それを迎撃する、緊迫した映像が公開された。

船の警備兵が海賊の船を迎撃

 

この動画は4月20日にYouTubeで公開されたのだが、実際は2012年にインド洋を航行している際に撮影されたものだという。

 

映像には白い小型のスピードボートが、船の右舷へ急速に迫って来る様子が映っている。

YouTube/Humans At Sea

そして乗船していた民間の警備兵がサブマシンガンで狙いを定め、発砲。多くの弾丸が海面で水しぶきを上げた。

YouTube/Humans At Sea

それでも小型ボートは船に接近。警備兵が真下にいるボートに向かって激しい銃撃を浴びせた結果、やがて海賊は後退していった。

YouTube/Humans At Sea

しかし動画では「2隻目も来るぞ」と警備兵が叫び、待ち構える場面で終わっている。

YouTube/Humans At Sea

3月にもタンカーがハイジャックされる

 

英メディアのMailOnlineによれば、実は3月にもアフリカの沖合でオイルタンカーがハイジャックされる事件が起きていたという。

 

その船の名前は「Aris 13」。ジブチ共和国からソマリアの首都、モガディシオに燃料を運ぶ途中で、8人のスリランカ人が乗っていたそうだ。

 

しかしソマリア北部の沖合で2つのボートから約20人の海賊たちが乗り込んできて、タンカーを占拠。その後、銃撃戦が行われタンカーは解放されるが、その際4人がケガをしたと言われている。

 

この海域は過激派組織「アル・シャバブ」や武器の密輸商人らが行き来している場所とされ、大型の商船を狙ったハイジャック事件としては2012年以来初めてだという。(了)

 

 

出展元:MailOnline:Dramatic footage captures a deadly firefight between American mercenaries and Somali pirates as they try to hijack a cargo ship(4/22)