ハリウッドを象徴する有名な看板、その文字が何者かによって変えられてしまう


ロサンゼルスにあるハリウッドを象徴する看板。そこに書かれた文字が何者かによって変えられとしてアメリカなどで大きく報道されている。

 

文字に覆いをかけて変更

 

文字が変わっているのが明らかになったのは1月1日。地元の住人が目を覚ました時には、「HOLLYWOOD」が「HOLLYWeeD(大麻)」になっていたという。

 

犯人は2つの「O」の文字に覆いをかけて「e」に変更。新年のいたずらとして行ったとみられているが、午前11時まで「e」の状態になっていたといわれている。

 

その後パークレンジャーが駆け付け、すぐに覆いを取って通常の状態に戻したそうだ。

カメラが犯人の姿を記録していた

 

ロサンゼルス警察によれば、犯行は深夜から午前2時にかけて行われたと見られ、現段階では犯人を男性と考えているという。

 

その犯人はまだ見つかっていないが、看板の周りに張り巡らされた防護フェンスに焦点を合わせたセキュリティカメラが、全身黒い服装をした容疑者の姿を記録していたそうだ。

 

そのため容疑者は今後、軽微な不法侵入の罪に問われる可能性もあるとしている。

 

1983年にも同じ事件が起きていた

 

しかし実はこのように看板の文字が変えられるのは今回が初めてではない。

 

地元紙ロサンゼルス・タイムズの編集者、Shelby Gradさんによれば1983年にも「O」の文字が「e」に変えられたことがあり、今回の事件はそれを再現したものに過ぎないという。

 

そして彼は実際に、1983年当時の写真を自らのツイッターに投稿した。

 

またこの看板の保全管理を行っているHOLLYWOOD SIGN TRUSTはCNNに対し、1976年にも「HOLLWeeD」に変える犯行が行われたと語っている。

 

1923年に設置されて以来、文化的なランドマークとして親しまれてきた看板。このような行為で話題になるのを、寂しい気持ちで眺めている人も多いかもしれない。

 

出展元:CNN:Hollywood sign vandalized to read ‘Hollyweed’(1/2)

出展元:abc NEWS: Iconic Hollywood Sign Vandalized in Apparent New Year’s Prank(1/2)