バイクと車が走行中にトラブル、その結果予想を超える大事故が発生


アメリカで走行中のトラブルが、信じられない大事故に発展した場面が撮影された。

車がバイクの前に割り込んできた

 

その事故が起きたのは、カリフォルニア州のSanta Claritaを通るフリーウェイ14号線とされている。

 

動画を撮影したのはTim MorrisonさんとChris Traberさんで、彼らは車で仕事へ向かう途中、バイクと車が走行中にもめているのを見て、携帯のカメラでその様子を捉えたという。

 

動画には1台のバイクと白いセダンが接近する様子が映っている。そしてセダンが突然バイクの前に割り込んできたため、バイクの運転手が車の後部を蹴飛ばした。

YouTube/Mitchell Wiggs

キャディラックがひっくり返る

 

するとセダンの運転手は怒ったのか、突然ハンドルを切り、バイクに車体をぶつけようとする。

バイクがそれを避けると、今度はセダンの方がコントロールを失ってしまう。そして左へ進み壁に激突し、今度は右へ大きく逸れて、走行中のキャディラックに激突。

その衝撃の強さによりキャディラックはひっくり返り、天井部分を地面につけ回転して止まった

 

しかし幸いにもキャディラックを運転していた男性の命に別状はなく、セダンに乗っていたドライバーも重傷には至らない程度のケガで済んだとされている。

 

バイクの運転手は止まらずにそのまま走行を続けたようだが、警察は事件の可能性もあるとして調査を進めているという。(了)

 

出展元:KTLA:Apparent Road-Rage Crash in Santa Clarita Captured on Cellphone Video(6/21)