フィリピンでM5レベルの地震が連続3回発生、人々が混乱する様子が捉えられる


4月8日、フィリピンの首都マニラ南部で30分間に立て続けに3回も地震が発生し、人々が混乱しながら避難する様子がネットに投稿された。

混乱して避難する様子を撮影

 

現地時間8日の午後3時8分、バタンガス州で最初にマグニチュード5.7の地震が発生。それからわずか1分後には南部のマビニ付近で、マグニチュード5.9の地震が起きたという。

 

またその20分後にもマグニチュード5.0の揺れが発生し、多くの人々が慌てて施設などから避難する様子が捉えられている。

 

下の映像は震源地に近いバタンガス州にあるショッピング・モールで撮影されたとみられ、ツイッター・ユーザーのJabcababanさんが投稿した。

 

 

 

またAFPによればバタンガスの港にある乗客ターミナルでも混乱が起き、地元のテレビ局により人々がパニックになって避難する様子が捉えられたという。

 

Googlemap

犠牲者なし、建物には被害も

 

この地震により沿岸付近に住んでいる人々は津波を警戒し、高台などへ避難。しかし地震の規模は大きくなく、幸いなことに津波も発生せず、被害はなかったそうだ。

 

バタンガス当局によれば現在のところこの地震による被害者は確認されていないが、いくつかのエリアで停電が起きているという。

 

また複数の住宅や商業用のビルディングにもひび割れなどが確認され、カトリック教会の建物の一部も破損したとしている。ネットにも被害の状況を示した写真が投稿されている。

 

Twitter/jaja‏

Twitter/Jay Rold Dalisay‏

Twitter/jaja‏

Twitter/jaja‏

 

さらにいくつかの街では土砂崩れが発生したという報告があるようだ。

 

この地域では先週の初めにも地震が起きており、多くの人々が不安に感じているという。(了)

 

 

出展元:AFP:フィリピン、30分間でM5以上の地震3回(4/8)

出展元:Mirror:Terrified shoppers flee mall after series of powerful earthquakes spark tsunami fears in Philippines(4/9)