ロンドンで起きた襲撃事件、直後の様子を市民のカメラが捉えていた


イギリスのロンドン中心部にある議会議事堂付近で3月22日、襲撃事件が発生し、これまでに40人が負傷、5人の死亡が確認された。

 

そして事件が起きた前後の映像も一般市民らによって撮影され、ネットなどで公開されている。

車が歩道に乗り上げ次々に人をはねる

 

現地時間の午後2時40分頃、1人の襲撃犯が運転してきた車で、ウェストミンスター橋を歩いていた人々をはねる事件が発生した。

 

目撃者によれば犯人の車は橋の南側から歩道に乗り上げ、北側まで走り、次から次へと歩行者をはねていったという。

 

その後、現場には多くの負傷者が残され、駆けつけた救急隊員や一般市民らによって手当てが行われたそうだ。

 

 

警備をしていた警官が刺されて死亡

 

やがて犯人の車は議会議事堂へ向かい、周りを囲む鉄柵に激突。そして犯人は車を降り、刃物を手に議事堂の敷地内へ入っていったとされている。

 

 

下の動画では銃声らしき音が聞こえている。

 

 

議事堂の敷地では当時、キース・パーマー巡査(48)が警備にあたっていたが、武器を所持しておらず、犯人を止めようと格闘した結果、刺されて死亡した。

 

下の動画では、どういう状況か正確にはつかみきれないが、駆け付ける救急隊員の姿が確認できる。

 

 

その後、犯人は別の警察官によって撃たれ死亡。警察は男の身元をすでに把握しているようだが、まだ正式には発表していない。

橋では多くが負傷、川に落ちた女性も

 

最初のひき逃げ事件が起きたウェストミンスター橋では多くの人が負傷しており、病院に運ばれたケガ人の中には重体の人もいるという。

 

また当時、向かってくる犯人の車を避けようとし橋の下のテムズ川に落ちた女性もいたが、その後無事に救助されたそうだ。(了)

 

 

出展元:BBC:London attack: What we know so far(3/23)