北朝鮮のICBMと航空機がニアミス?数分後に落下地点を通過


北朝鮮のミサイルが日本海に落下してから数分後に、旅客機が同地点を通過していたことが明らかにされた。

 

着水後に同地点を旅客機が通過

 

7月28日、北朝鮮によって発射された大陸間弾道ミサイル(ICBM)はその後、北海道の奥尻島から北西約150km付近に落下したと見られている。

 

そしてミサイルが着水してから10分もたたない間に、同地点を旅客機が飛行していたことが明らかにされた。

 

フライトデータによれば、ミサイルが着水した当時、付近には東京からパリへ向かうエールフランス293便が飛行しており、時間次第では危険が及ぶ可能性があったという。

 

その旅客機はボーイング777とされ当時323人の乗客を乗せており、飛行経路にもミサイルが発射された当時、北海道の西を飛行していたことが示されていたそうだ。

 

米国防総省も以前から懸念を表明

 

ABC Newsによればアメリカ国防総省は、このエリアにおけるミサイルが商業フライトを危険にさらすことについて、すでに懸念を表明してきたという。

 

実際に7月4日に北朝鮮がICBMの発射実験を行った後も、国防総省の広報官であるJeff Davis氏は次のように述べていたそうだ。

 

「このミサイルは多くの商業フライトが利用している混雑した空域を飛行しました。それは宇宙空間を飛行し、その後日本の排他的経済水域に着水しました。この場所は商船や漁船などが通るエリアでもあります。これらは全く調整されていませんでした」

 

アメリカでは基本的にミサイルの打ち上げ実験などを行う時は、プレスリリースを発表してきたという。

 

8月2日にも大陸間弾道ミサイル「ミニットマン3」の発射実験が行われたが、30th Space Wing Public Affairsはその空域などに警告を発したとされている。

 

しかし北朝鮮の場合は、いずれもミサイル打ち上げの際に、そのような警告は一切出していないそうだ。

 

ただエールフランスはABC Newsへの取材に対し、声明で次のように述べている。

 

「北朝鮮によるミサイルのテスト区域は、いかなる形でもエールフランスの飛行経路を妨げることはありませんでした。フライトは計画通りに進められ、事件などの問題も報告はありません。さらにエールフランスは当局と協力して、潜在的に危険とされる低空飛行空域を絶えず分析しています」(了)

 

 

出典元:ABC News:Jet passed within 10 minutes of where North Korean missile test landed, official says(8/1)