女性の眼球の裏側から、使い捨てのコンタクトレンズが27枚も発見される


イギリスで女性の目の中から27枚ものコンタクトレンズが発見され、注目を集めている。

 

1回目の検査で17枚、2回目で10枚発見

 

その女性は67歳で年金生活者とされているが、名前や住んでいる地域、病院名などの詳細については明らかにされていない。

 

彼女は白内障の手術を受ける予定だったが、診察を受けている最中、医者は女性の眼球の裏側に17枚のコンタクトレンズを発見する。

 

担当した眼科医のRupal Morjaria氏は取材に対し「誰もこのようなことは見たこともありません。それはちょっと大きな塊になっていました。17枚ものコンタクトレンズがくっ付いて、剥がれなくなっていたのです」と語っている。

 

さらに2度目の検査でも10枚が見つかり、合計27枚のコンタクトレンズが目の奥に留まっていたことが明らかになったという。

flickr_hannahbananalangy

35年間、使い捨てのコンタクトを利用

 

その女性は35年間も使い捨てのコンタクトレンズを使い続けており、定期的に眼科医の検診も受けていなかったそうだ。

 

しかも女性はコンタクトレンズが失くなっていることに気づかず、外科医に対して目の不快さは単に年齢のせいだと考えていた、と語ったとか。

 

Morjaria氏は取材に対し「私たちは女性が気づいていないと知り、本当に驚きました。何故ならコンタクトレンズがそこにある間、非常に大きな痛みや炎症を引き起こしていたかもしれないからです」とコメント。

 

というのも、眼球の中にレンズが長い間残っていたら、結膜の周りに大量のバクテリアが生まれ、住んでいた可能性もあるからだという。

 

この出来事は昨年の11月に起き、その後「British Medical Journal」によって報告されたようだが、Morjaria氏は人々の間でコンタクトレンズの事故に対する意識を高めるためにも、この報告は重要だとしている。(了)

 

 

出典元:MailOnline:Stunned doctor finds 27 CONTACT LENSES in eye of woman, 67, who put discomfort down to her age(7/17)