焼き菓子の甘い匂いに誘われて…野生のクマが民家の外に出現


アメリカで野生のクマが現れ、民家に押し入ろうとする事件が発生した。

お菓子を焼いていた時に現れる

 

その出来事が起きたのはコネチカット州のAvonという街とされている。

 

住民の老婦人は5月8日の午後、自宅でブラウニーというチョコレートのお菓子を焼いていたという。

 

すると甘い匂いに誘われてか、突然家の外に黒いクマが出現。キッチンのある場所の窓ガラスをドンドンと叩き続けたそうだ。

30分も窓を叩き続ける

 

当然、部屋にいた老婦人はパニックに。大声で「裏庭のベランダにクマがいて、部屋に入ろうとしている」と叫んだとされている。

 

近所のBob Belfioreさんはその声を聞きつけて、婦人を助けようと駆けつけたが、叫んでもドンドンという音を立てても、クマは騒音を恐れる様子はなかったという。

Belfioreさんは取材に対し次のように語っている。

 

「その後、クマはキッチン・エリアを離れていきました。そして2番目の窓へ向かい、さらに3つ目の窓に行き、家の中に入ろうと試みていました。写真ではかわいい様子に写っていますが、これまでにないほど恐ろしい経験でした。この時、クマは食べ物に手が届かずに怒っていたのですから」

結局、クマは30分近くも老婦人の自宅の窓を叩き続けていたそうだ。

 

その後、近所の人が警察に通報。警官が現場に到着したが、その時にはすでにクマはその場から姿を消していたという。(了)

 

 

出展元:The Telegraph:‘Angry’ bear tries to break into home of woman baking brownies(5/9)