英のスナイパーがたった1発の銃弾で、ISISのメンバー3人を狙撃し住民を救う


イギリス兵のスナイパーが1発の銃弾で、ISISのメンバー3人を狙撃したことが報じられている。

撃たれそうな女性や子供を救うため

 

英紙DAILY STARによれば、狙撃が行われたのは11月、場所はイラク北部にある村だという。

 

当時、イギリスの特殊部隊SASはイラク軍がモスルへ進撃している最中、ISISが支配していたその村を監視していたそうだ。

 

そしてある日、ISISの幹部とみられる男らの動向を察知。3人の男たちが2階の窓から、逃げようとしていた十数人の女性や子供に止まるよう命令し、彼女らにマシンガンを向け撃とうとしていたとしている。

弾が壁に跳ね返り3人目も

 

その場面に気づいたSASのスナイパーは338 Lapua Magnumという弾をL115Aスナイパー・ライフルに込め、1800mも離れた場所からターゲットに照準を合わせ、引き金を引いた。

 

放たれた弾は1人目のテロリストの頭部を打ち抜き、さらにもう1人の胸を貫通。しかもその弾は壁にあたって跳ね返り、3人目の首に当たったという。

 

その結果、頭部と胸を撃ち抜かれた2人の男は即死。3人目の男も首を押さえていたが、30秒後には多くの血を流し、倒れたそうだ。

「100万分の1の狙撃」

 

狙撃の後、SASのチームはその村へ移動し、テロリストらが潜んでいた家に入り、3人の男らが死亡しているのを確認。

 

さらに指紋を採取し、写真を撮影した後、ヘリコプターで現場を後にしたという。

 

関係者はDAILY STARの取材に対し「その事件は一瞬にして終わりました。それは100万分の1の確率の狙撃だった」と語っている。

 

 

出展元:DAILY STAR:ZAPPED: Hero SAS sniper kills three ISIS terrorists with ONE shot(1/22)