なにげない1枚の写真…実は危険で恐ろしい瞬間を捉えたものだった


広々とした景色を背景に撮られた少女の写真が、非常に恐ろしい瞬間を捉えたものだったとして、話題となっている。

撮影中、猛毒を持つヘビが娘のそばに

 

その写真を撮影したのは、オーストラリアに住むBianca Dickinsonさん。彼女は先週の水曜日、ビクトリア州のWimmeraという町をドライブ中、立ち寄った場所で娘さんのMollyちゃんの姿を撮影。

 

その時、Mollyちゃんのそばで何かが動いているのに気づいたが、最初は風で揺れる木の樹皮だと思っていたという。

 

しかし目を凝らしてみると、それは2メートル近くの猛毒を持つEastern brown snakeで、Mollyちゃんからわずか数センチの所を移動していたそうだ。

 

気づいても静かにし続けた母親

 

Biancaさんによれば、ヘビに気づいた時、Mollyちゃんをすぐに引っ張って遠ざけたいと思ったという。しかしそれをすればMollyちゃんも気づき、ヘビを驚かせてしまうかもしれない。

 

そのため彼女はその場でじっと我慢。静かにしていたおかげで、Mollyちゃんも気づかずに大人しくし続け、その後ヘビは通り過ぎ草地へと入っていったそうだ。

写真にもヘビの姿がはっきりと映る

 

Biancaさんは家に帰った後、撮影した写真をチェック。するとその時の恐ろしい瞬間を捉えた写真に、茶色の太いヘビの姿がはっきりと写っていた。

 

Instagram/missmooandcrew

 

写真の中のMollyちゃんは全くヘビに気づかず、すでにそんな出来事も忘れているようだが、その日の夜、Biancaさんは食事も喉を通らず、ほとんど眠れなかったという。

 

彼女はDaily Mail Australiaの取材に対し「この写真は今でも私に心臓発作を起こさせるほどです」と語っている。

 

Eastern brown snakeは猛毒を持っており、オーストラリアで咬まれて死亡するケースの多くが、このヘビによるものだという。(了)

 

 

出展元:DailyMail:Can you see the deadly danger lurking in this cute family photo? Mother’s horror when she realised her daughter, 2, was posing with a lethal predator just centimetres away(4/1)