まるで爆発したかのよう、大量の飛行機雲に覆われて進む旅客機が目撃される


信じられないほど大量の飛行機雲をたなびかせながら飛ぶ旅客機の映像が撮影され、注目されている。

付近を通過していた他の旅客機から撮影

 

その旅客機とは「ボーイング787ドリームライナー」とされている。

映像はちょうどロシアの上空、約1万mを飛行中に、付近を通過していた他の旅客機から撮影されたという。

他の旅客機とはボーイング747で、その乗客は6月17日に窓の外でこの様子を目撃し、機内の窓からカメラに収めたそうだ。

気圧の低いエリアが作られ発生する

 

飛行機雲は6000m以上の高さを飛行している際に、翼の先端に気圧の低いエリアが形作られることで発生するという。

 

そして空気が回転し渦を巻いてトンネルのようなものを作りながら、周りの温度を下げて雲を作り、尾をたなびかせるそうだ。

 

また低い気圧により空気が凝縮され、エンジンから出る水蒸気や排気ガスの粒が氷となり、壮観な尾を残すこともあるとか。

 

さらに飛行機が雲を通過する時に、水蒸気や氷が渦の中に吸い込まれることで、さらに多くの雲を作り出すことがあるという。

 

それにしてもこの飛行機は雲を身にまとって進んでいるかのように見えるが、この映像はとても珍しいものと言えるかもしれない。(了)

 

 

出展元:MailOnline:Cumulo-Airbus! Incredible footage shows Boeing 787 Dreamliner create a giant billowing vapour-trail CLOUD as it soars through the skies over Russia(6/29)