インドの女性アナウンサーに起きた悲劇、夫の事故死のニュースを報道する


インドのテレビ番組で、結果的に夫の事故死のニュースを伝えた、悲劇の女性アナウンサーが注目されている。

飛び込んできた事故死のニュースを伝える

 

そのアナウンサーとはSupreet Kaurさん(28)。彼女はインド中部のチャッティースガル州で放送されているニュース番組「IBC24」のアンカーを、長い間務めてきたという。

 

そして先週の土曜日の朝、交通事故のニュースが飛び込み、それを伝えることになったそうだ。

 

YouTube/Hindustan Times

 

そのニュースはMahasamund地区でルノーの「Duster」という車が事故に巻き込まれ、乗っていた5人のうち3人が死亡したという内容だったが、Kaurさんは現地のリポーターから電話での報告を聞き、詳細を伝え続けたとされている。

夫の事故死をうすうす気づいていた

 

もっともKaurさんがニュースを伝えている時、死亡した人の名前は判明していなかった。

 

ただ夫のHarsad Kawadeさんは同じルノーの「Duster」を運転しており、その日はちょうどMahasamund地区を通り、友人4人を乗せていたことを彼女は知っていたそうだ。

 

そして番組のスタッフは、Kaurさんがニュースを伝えている間に、Kawadeさんの死亡を確認。結果的に彼女は自分の夫の事故死を伝えたことになった。

 

番組の編集者はHindustan Timesの取材に対し「彼女はその車が夫のものであるとうすうす感じていました。Kaurさんはニュースを読み上げ、番組を終え、スタジオを出てから初めて家族に連絡していました」とコメント。

 

彼女は事故について伝えた後も10分間、他のニュースを読み上げ、アナウンサーとしての役目を最後まで果たしたという。 

 

他の同僚は取材に対し「彼女は本当に勇気のある女性です。私たちはアンカーとしての彼女を誇りに思います。しかし今日起きたことは、私たちにはショックでした」と語っている。

 

YouTube/Hindustan Times

自分の目で現場を確かめる

 

Kaurさんは「IBC24」で9年間もアンカーを務めており、1年前にKawadeさんと結婚、娘さんが1人いるという。

 

また番組を終え、スタジオから出たKaurさんは、その後現場に向かい、彼女自身の目で事故の様子を確認したそうだ。

 

夫のKawadeさんが乗った車はタンクローリーに追突されており、命を取り留めた2人も重傷を負ったとされている。(了)

 

 

出展元:Hindustan Times:Chhattisgarh TV anchor reads out news of her husband’s death in car accident(4/9)