インドの航空会社が機内で生まれた赤ん坊に、一生使えるフリーチケットをプレゼント


インドの航空会社が機内で生まれた赤ちゃんに、生涯無料で利用できるサービスをプレゼントし、話題になっている。

1万m上空で出産が始まる

 

その航空会社とは「Jet Airways」。彼らはサウジアラビアからインドへ向かう機内で生まれた男の子の赤ちゃんに、一生使えるフリーチケットをプレゼントしたという。

 

その赤ちゃんや母親の名前はプライバシーの観点から明らかにされていないが、その母親は6月18日に約1万m上空で陣痛が始まり、予定日より早く出産したそうだ。

 

その頃、飛行機はインド南部のKochiという街へ向かっていたが、急遽行き先を変更。ムンバイに着陸した後、母親と赤ちゃんは地元の病院へ運ばれ、現在経過も良好だとされている。

インドでも最大の航空会社の1つ

 

出産が始まった当初、機内には経験豊かな救急救命士がおり、その指示のもとにキャビンアテンダントも出産を手伝ったという。

 

そのため「Jet Airways」は、迅速な対応が日頃の訓練を救命活動に変えたとして、機内スタッフをほめたたえている。

 

赤ちゃんの国籍も明らかにされていないが、「Jet Airways」は国内外で65の拠点を行き来しているインドでも最大の航空会社の1つとされることから、彼には相当豊富な旅行の選択肢が与えられることになるそうだ。

 

もっとも機内で生まれた赤ちゃんに特典を授けるのはこれが初めてのケースではない。

 

イギリスの「Virgin Atlantic航空」では、機内で誕生した赤ちゃんに21歳まで無料で乗れるチケットを贈り、フィリピンの航空会社「Cebu Pacific」も昨年、機内で誕生した女の子に100万ポイントのマイレージをプレゼントしたという。(了)

 

 

出展元:CNN:Baby born on flight to India gets free plane tickets for life(6/19)