ロシア人モデルが高層ビルの真上から腕一本でぶら下がる!危険すぎると批判の声も


ロシア人の美しいモデルが、高層ビルの上でぶら下がる自らの姿を公開し、話題となっている。

腕一本でぶら下がる姿を撮影

 

そのモデルとは、サンクトペテルブルク出身のViktoria Odintsovaさん(23)。

 

彼女は中東のドバイにあるCayan Towerという高層ビルに上り、男性の腕だけでぶら下がる自らの姿を撮影した。

 

動画では最初に、彼女とヘルパーの男性が狭い足場の上に立つ場面から始まっている。

 

Instagram/viki_odintcova

その後、彼女はゆっくりと片足ずつ足場から離していく。

 

Instagram/viki_odintcova

そして最後は約300メートル下に広がるドバイの街を背景に、腕一本でぶら下がる姿を撮影した。

 

Instagram/viki_odintcova

 

 

「今でも手のひらが汗ばみます」

 

その後、彼女は自らのインスタグラムに動画を投稿。

 

すると瞬く間に5万人のフォロワーに注目され、メディアにも取り上げられ話題となった。

 

Odintsovaさんは取材において「私は今でも自分がそれを行ったとは信じられません。動画を見るたびに、手のひらが汗ばみます」と語っている。

危険行為に批判も多く寄せられる

 

しかしフォロワーのコメントの中には、彼女の行為を批判する意見も多く登場。

 

あるユーザーは「どうしたらこんなに自分の命を軽んじることができるのかしら?私が親だったら、あなたと髭の男に平手打ちをくらわしているわ」とコメント。

 

また他にも「あなたは知性が欠如している」や「こんな馬鹿なことをした後は、二度とドバイに来られないよう、彼女が入国禁止されることを願っています」といった声も寄せられたそうだ。

 

さらにこの行為は、以前も同じように高層ビルの上で「自撮り」をしたロシア人のAngelina Nikolauさんを「真似ただけ」と批判する人もいたという。

 

 

出展元:METRO:Model dangles 1,000ft off skyscraper for a shoot with no safety equipment(2/15)