将来はNYにこんな建物が立つ?デザイン会社が考案した曲がったビルがユニーク


ちょっと珍しい曲がったビルのデザインが発表され、注目されている。

水平に移動できるエレベーターも想定

 

そのビルの名前は「The Big Bend(曲がる)」。「Oiio」というデザイン会社が手がけたもので、名前の通り頂点部分がカーブし、Uの字になっている。

 

無論、これはまだイメージの段階でしかないが、ビル全体はガラス張りという設定で、長さは1.2kmにも及ぶそうだ。

 

Oiio

 

ニューヨークの57番街に建てることを想定し、カーブした部分も水平に移動できるエレベーターを導入することで問題を克服できるという。

 

Oiio

「高さ」ではなく「長さ」を重視

 

もともとニューヨークでは特有の区画規則があるらしく、開発会社などは不動産の価値を上げるために、最大限ビルを高くしてきたとされている。

 

しかし実際には高さ制限もあるため、このデザイン会社では従来とは異なり、高さを競うのではなく、長さを重視してこのような形を考えたという。

 

そのため、もしこの建物が完成すれば、世界で最も「長い」ビルになる可能性があるそうだ。

 

oiio

 

Oiio

「Oiio」は声明で「私たちは高さの制限を心配することなく、目立たせる手段として、自分たちの建物をご提供できます」と語っている。

 

確かにこのようなビルが建てば非常に目立ち、街のイメージも変わるかもしれない。(了)

 

 

出展元:DailyMail:Now THAT’S loopy! Behold The Big Bend – the incredible U-shaped New York skyscraper dubbed the ‘longest building in the world’ is unveiled(3/23)