数十センチそばを銃弾が!過酷な戦場でも笑顔を向けるクルド人女性スナイパーがすごい


シリアでISISと戦うクルド人兵士。その女性スナイパーの勇敢な姿が捉えられた。

弾は数十センチそれ、危うく命拾い

 

その映像が撮影されたのはシリアにあるISISの拠点、ラッカとされている。

 

動画にはシリアのクルド人で構成された「クルド女性防衛部隊」のスナイパーが、壁越しにライフルを構える場面が映っている。

YouTube/Near East a life

彼女は狙いを定め撃つが、その直後に相手も反撃し、女性スナイパーめがけて銃弾が飛んでくる。しかし幸いにも弾はわずか数十センチそれ、背後の壁に当たり破片を飛び散らせた。

YouTube/Near East a life

あと少しでも手前に銃弾が飛んでいれば、確実に頭部を打ち抜かれていたに違いない。

 

そんな恐ろしい状況の中でも、その女性スナイパーは恐怖に怯えるどころか、カメラに笑顔を向け、舌を出した。

YouTube/Near East a life

YouTube/Near East a life

彼女は動画の中で次のように語っている。

「なんで屋根の上に誰かいるって、教えてくれなかったの?」

「私は相手を自分の2つの目ではっきりと見たわ」

「(銃弾が当たった壁を見つめながら)全くなんてこと」

「もう十分でしょ、撮影するのやめてよ(笑い)」

ISISと戦う女性兵士が以前から活躍

 

クルド人の女性兵士は当初からISISと戦闘を繰り広げており、男性顔負けの勇敢さが讃えられてきた。

 

そしてこの動画を見た多くの人たちも、前線で戦うこの女性スナイパーの勇気を賞賛しているという。

 

この女性防衛部隊はシリア反体制派の北部地区を本拠地とする「クルド人民防衛隊(YGP)」に属し、シリアにおける民主統一党の実戦部隊となっており、メンバーが7000人もいるそうだ。

 

現在、クルド人とアラブ人らは合同部隊「シリア民主軍(SDF)」を編成し、ISISが自ら首都と位置づけていたラッカ市内の4分の1を制圧したとも伝えられている。(了)

 

 

出展元:MailOnline:‘Kurdish women know no fear’: Incredible footage in Raqqa City shows female sniper LAUGHING after a bullet comes just inches from her head during an ISIS shootout(6/27)