英で初めて「ゴミを出さないお店」がオープン、多くの人が利用し話題に


イギリスで初めて、プラスチックなどのゴミを出さないお店が開店し、多くの人々に利用され注目を集めている。

ドイツのお店の記事を見て思いつく

 

そのお店の名前は「Earth.Food.Love」、別名「Zero Waste Shop(ゴミ・ゼロのお店)」とも呼ばれ、イングランドのDevonという町にあるとされている。

 

店のオーナーはNicolaさんとRichardさん夫婦。(苗字は明らかにされていない)

 

彼らは日頃から町のセンターにリサイクル品を預けに通っていたが、自分たちがどれだけ多くのゴミを出しているか驚かされたという。

 

そんなある日、ドイツのベルリンにある「Zero Waste Shop」の記事を見て、今までとは異なった買い物の方法はできないかと考え、イギリスで初めてこのお店を開いたそうだ。

Facebook/Rob Greenfield

自分の容器に直接入れて購入

 

ここでは全ての食品、例えば液体やピーナッツバターのようなものでも適度な分量に分けることができ、お客は自分の容器に直接入れて購入する仕組みになっているという。

 

また包装もできるだけ減らし、なるべく再利用、リサイクルできるようにし、商品を包むような場合は大きな紙を無料で提供しているとか。

Facebook/Rob Greenfield

食品ロスも減らす取り組み

 

さらにこのお店では食品ロスにも意識を向けており、食材を前もって包装していないため、客は自分が使い切れるか心配することなく、必要な分だけ購入できる仕組みになっているそうだ。

 

食材のほとんどは量り売りで、しかも販売されている商品は全てオーガニック。例えば食品以外でも洗浄剤は無害のものを揃え、石鹸も地元の手作りの製品を用意しているという。

Facebook/Rob Greenfield

さまざまな場所からお客さんが訪れる

 

そして現在、お店には商品をチェックしにあらゆる場所からお客さんが訪れており、大量消費によるプラスチック・ゴミの汚染問題に対するメッセージの拡散に繋がっているらしい。

 

彼らはGood News Networkの取材に対し、次のように語っている。

 

「私たちがこのような一歩を踏み出したことについて、皆さんから感謝のメールを頂いています。また人々はこの店のおかげで、プラスチックの利用について考えさせられる、とも言ってくれます」

 

「さらに、そのことが自分たちの生活を変えさせるのを促している、と述べています。私たちもまた、人々に大きなインパクトを与えるような1つの変化を起こすには、たった1人でもできるということを示せていると感じています」(了)

 

 

出展元:Good News Network:UK’s First Zero Waste Store Just Opened – and it’s Wildly Popular(5/9)