英の上空で、黒い輪の形をした不思議な浮遊体が目撃される


まるで巨大なタバコの輪のような、不思議なものが浮かんでいるのが、イギリスで目撃された。

 

車に乗っている時に偶然目撃

 

これを撮影したのは、グレーター・マンチェスターに住むKimberley Robinsonさん(22)。写真が撮られた場所はウエストヨークシャーのBirkenshawという街の付近で、時間は今週の日曜日の午後1時30分頃とされている。

 

その時、RobinsonさんはボーイフレンドのDanny Cooperさん(26)と一緒に車に乗り、高速道路でNorfolkという町から家へ向かっている途中だったという。

 

そして車の前方に不思議な浮遊体を目撃、スマホで撮影したそうだ。

Twitter_slone

Robinsonさんは当時の状況について取材で「私はボーイフレンドとドライブをしていたら、空に黒い輪が浮かんでいるのに気づいたんです。それはちょっと煙っぽい感じでした。でも形はしっかりとした丸になっていました」と語っている。

 

消防署も火事の報告は受けていない

 

確かに写真でも見てもその輪は、巨大な煙のように見えるが、ウエストヨークシャーの消防署によれば、当時この付近で火災の報告などは受けていなかったという。

 

また警察も写真を確認したようだが、この現象が気象学的なものが原因で引き起こされたのかは、判断できないとしている。

 

過去には多くの動画が撮影されている

 

今回、この輪は写真で撮影されているが、調べてみると以前から、さまざまな場所で似たような黒い輪の動画が撮影されていた。

 

下の動画は2年前にカザフスタンで撮影されたもの。今回と同じような黒い輪が、真っ青な空を背景にはっきりと浮かんでいる。

こちらは2017年に5月に撮影されたもの。場所は明らかにされていない。

さらに下の動画もイギリスのWarwickという町で撮影されたもので、2014年8月にYouTubeで公開されている。

なんとも奇妙な現象だが、気象の専門家の意見はどうなのか、聞いてみる必要があるかもしれない。(了)

 

出典元:EXAMINER:Mystery over black smoke ring spotted above M62(7/13)