英の特殊部隊SASのスナイパーが、2.4キロ先にいるISISのスナイパーを撃ち抜く


イラクで戦っているイギリス軍のスナイパーが、2400mも離れた場所にいるISIS戦闘員を狙撃することに成功した。

狙撃したのは特殊部隊SASのスナイパー

 

その狙撃が行われたのは2週間前、イラクの都市、モスル郊外の戦闘地域とされている。

 

狙撃を行ったのはこれまでイラク戦争やアフガニスタンでの戦闘にも参加したことがある軍曹で、現在はイギリス陸軍の特殊部隊SASのスナイパーだという。

 

使用されたのは2500m離れた相手も狙撃できる「CheyTac M200インターベンション」というライフル。これにはコンピュータが内蔵されており、熱や湿度、風向きなどを計算しどこに狙いをつければいいのかを射手に教え、今までで最も正確な射撃ができるとか。

CHEY TAC USA

SASのスナイパーはこれを使い、村の外れにあるビルの間を移動し続けるISISのスナイパーに照準を定め、発砲したとされている。

2.4kmの距離から狙撃し命中

 

当時ISISのスナイパーもロシア製の「Dragunov」というライフルを使用し、SASのスナイパーと追いつ追われつの状況にあったという。

 

そんな駆け引きが4時間ほど続いた後、SASのスナイパーは相手が身を隠したとして諦めかけていたという。

 

しかしちょうど太陽が沈みかけた時、ISISのスナイパーは安全だと思っていた場所へ移動。肩からライフルを下ろし、構えた瞬間、SASのスナイパーが銃弾を発射。

 

その距離は約2400mもあったとされたが、弾は命中し、ISISのスナイパーは咽喉を撃たれ、その場に倒れたそうだ。

 

この距離から発射された弾はさまざまな影響を受けるとされ、しかも発射してから命中するまで3秒も時間がかかったとされている。

 

現在、モスルにおけるISISの支配地域は狭まっており、一部の報道ではISISの完全敗北寸前とまで言われている。(了)

 

出展元:METRO:SAS sniper kills ISIS terrorist from 1.5 miles away(5/22)

出展元:DailyStar:SAS sniper makes 1.5mile kill shot to take down ISIS jihadi(5/21)