街全体が光に包まれる…豪の祭典「ビビッド・シドニー」が美しい


毎年、5月から6月にかけてオーストラリアで開催される、「ビビッド・シドニー」をご存知だろうか。

 

これはシドニーのウォーターフロントにある、広いエリアで催される光と音楽のイベントとされている。

美しい光景が繰り広げられる

 

今年の「ビビッド・シドニー」は5月26日から6月17日まで開催されたという。

 

この期間はシドニーの街の景観が、毎晩華やかにライトアップされ、さまざまな場所でプロジェクション・マッピングが行われたそうだ。

特に世界遺産となっているシドニー・オペラハウスの建物には、さまざまな想像上の生き物などが映し出され、美しい光景が繰り広げられた。

こちらでは噴水に投影されており、水の動きと合わせて絵がさまざまに変化していく。

今年はオペラハウスにオーストラリアの原住民、アボリジニのアーティストらのアニメーションも投影され、その出来栄えが評判にもなったとか。

ライブ演奏も行われ盛り上がる

 

この他にも「王立植物園」では「光の鳥」が輝きを放ち、「タロンガ動物園」では動物たちの光る彫刻なども展示されるなど、訪れる者を楽しませたと言われている。

「王立植物園」

「タロンガ動物園」

またコンサート会場では有名な歌手やロックバンドなども登場。さまざまなジャンルの音楽を演奏し、多くの人々が集まったライブ会場はとても盛り上がったという。

 

今年はすでに終わってしまったが、来年シドニーを訪れる予定のある方は、是非この時期に合わせ体験してみてはいかがだろうか。(了)

 

出展元:ニュー・サウス・ウェールズ州政府観光局:ビビッド・シドニー2017はより大きく、より華やかに、より光り輝く祭典に!(4/11)