露全土で大規模な反政府デモ、82の都市で6万人が参加し多数の逮捕者が出る


過去数年間で最も大規模なデモがロシアで行われ、多くの参加者が逮捕されたとして注目されている。

82の都市、6万人がデモに参加

 

ABCによれば3月26日にはロシアの首都を含め、多くの都市で政府の腐敗に抗議する集会が開かれ、数万人が参加したという。

 

モスクワのプーシキン広場においては7000人から3万人が集まり、サンクトペテルブルクでも約1万人が参加し、皆が「プーチンのいないロシアを!」と声を上げた。

 

ロシア当局はデモを違法とみなしていたため、政府に対する抗議活動を行った多くの若者などが逮捕されたそうだ。

 

独立系の通信社「インターファックス」は、モスクワでの集会では500人が警察により逮捕されたと伝えている。

 

 

また人権保護団体の「OVD」はモスクワで約700人が拘束され、サンクトペテルブルクでは34人、その他の都市でも80人から100人近くが逮捕されたと報告。

 

 

さらに独立系のラジオ局「Ekho Moskvy」によれば、今回のデモは82の都市で行われ、約6万人が参加しており、これは2008年に行われた反政府集会以来、最も大規模なものになるという。

 

前大統領などに不正蓄財の疑い

 

今回の抗議活動を呼びかけたのは、プーチン政権を批判してきた野党勢力のAlexei Navalny氏が率いる組織「Fund for Combatting Corruption(FBK)」。

 

彼らは今月、ロシア高官らを調査した告発動画をネットで公開。そこで現総理大臣、メドベージェフ前大統領が慈善事業ネットワークをもとに不正蓄財を行っていたと報告した。

 

動画ではメドベージェフ前大統領が自分のために巨大なマンションを買い、ぶどう畑やヨットなど10億ドル(約1110億円)の価値があるものを不正に取得した疑いがあるとしている。

 

この調査内容を示したビデオは約900万人に視聴され、同時にプーチン大統領に対する腐敗抗議活動が呼び掛けられ、今回のデモに至ったようだ。

デモを呼びかけたリーダーも逮捕

 

そのためかFBKのリーダーであるNavalny氏も、抗議集会へ向かう途中、地下鉄の駅のそばを歩いている時に当局によって逮捕された。

 


またFBKの事務所も警察によって捜索され、Navalny氏には15日間の拘束と罰金が科せられたそうだ。

 

アメリカは参加者の逮捕を非難

 

アメリカ国務省は今回の逮捕について批判しており、ロシア政府に対してただちに拘束された全員を釈放するよう要求。

 

広報官であるMark Toner氏は声明で次のように語っている。

 

「合衆国政府は、日曜日にロシア全土で行われた集会で、政府が平和的に抗議していた数百人を逮捕したことを強く非難する。平和的な参加者や人権監視員、ジャーナリストを拘束するのは、民主主義の核となる価値に対する公然の侮辱である」

 

同時に彼らはNavalny氏の拘束や、FBKの事務所への捜索に関しても非難をしている。(了)

 

 

出展元:abc NEWS:Hundreds of anti-corruption protesters arrested in Russia after mass demonstrations: state media(3/27)