50歳で身長はわずか74センチ、5歳で成長が止まったインド人男性が話題に


幼い頃に成長が止まってしまった、50歳になるインド人の男性が注目されている。

家族は男性を誇らしく思っている

 

その男性とはマドーヤ・プラデシ州に住むBasori Lalさん。彼は5歳の時に成長が止まってしまい、現在も身長が74cmしかないという。

 

そのためいまだに子供に間違われるようだが、身長のおかげで村の人々に知れ渡り、有名人のような存在になっているそうだ。

Facebook/Gabriel Totoma

Facebook/Gabriel Totoma

Basoriさんは通常の背丈の兄、Gopi Lalさん(55)とその妻、Satiaさん(50)とともに暮らしており、彼らもBasoriさんを誇らしく思い、「ヒーロー」と呼んでいるとか。

 

実際、兄のGopiさんは取材に対し「さまざまな村から人々が弟に会うために、私たちの家へ来るのです。それは私たちにとっては喜ばしいことです。人びとが弟を愛し、気にかけてくれることを誇りに思っています」とコメント。

 

またBasoriさん本人も取材に対し次のように語っている。

 

「自分の身長に関して、私は問題を抱えていません。私は他の人と同じように働き、生活し、そして眠っています。また普通の人と同じように食べてもいます」

Facebook/Gabriel Totoma

Facebook/Gabriel Totoma

医者にも行けず、いじめを受ける

 

しかし若い頃は周囲の偏見に苦しめられ、いじめを受けてきたという。

 

そもそも幼児だった頃、Basoriさんは他の子と全く変わらなかったが、5歳になった時に家族は、彼が成長していないことに気づいたそうだ。

 

しかし当時、家族の経済状況は良いとは言えず、Basoriさんを医者に連れて行き診察を受けさせることもできなかったため、いまだになぜ成長が止まったのか分からないままだとか。

 

そして他の子供たちが成長するに従い、Basoriさんはひどいいじめを受け、つらい時期を過ごすことに。

 

彼は取材に対し「人々はよく私をいじめました。彼らは私のことをエイリアンだと言っていました。しかしそんな時期は過ぎてしまった。今では私は、村人たちから愛され続けている唯一の人間なんです」と語っている。

Facebook/Gabriel Totoma

Facebook/Gabriel Totoma

「ポジティブに考える人なんです」

 

Basoriさんは現在、義理の妹さんと一緒に地元の工場に勤め、兄の家族のために働き続けているという。

 

共に暮らしている兄嫁のSatiaさんは取材に対し、次のように語っている。

 

「Basoriは本当に物事をポジティブに考える男性なんです。彼は身長が低いことを後悔していません。そのことは彼を悩ませていないのです。彼に必要なのは幸福と善良な人々、そして良いウィスキーなんです!」

 

実際、Basoriさんは毎晩眠る前に今の幸せに感謝し、ウィスキーで乾杯をしているそうだ。そして兄の家族といつまでも一緒に暮らせることを願っているという。(了)

 

 

出展元:MailOnline:The 50-year-old little boy: Indian man is only 29 inches tall after he stopped growing aged just FIVE(6/29)