ボートの目の前に突然巨体が出現、クジラの跳躍する瞬間が大迫力


アメリカの沿岸において、ボートから非常に近い場所でザトウクジラが跳躍する珍しい映像が撮影された。

ニュージャージー州の沖合で遭遇

 

その映像が撮影されたのはニュージャージー州とニューヨーク州の境にあるPerth Amboyの沖合、Verrazano-Narrows橋付近とされている。

 

撮影したのはPaul Ziolkowskiさん。彼はその時、友人と一緒にボートに乗り、数時間魚釣りを楽しんでいたという。

 

その後、約55mも離れた場所にザトウクジラを発見。しかしクジラは魚を追っていたらしく、やがてボートへ急速に接近した。

 

そして突然、目の前の海面が盛り上がったかと思うと、大きな体が跳ね上がったそうだ。

YouTube/DEFSQUADFITNESS NJ

YouTube/DEFSQUADFITNESS NJ

YouTube/DEFSQUADFITNESS NJ

その際、クジラは船の舳先にもぶつかり、ボートの中も水浸し。しかし偶然にも、魚のプレゼントを運んでくれたとか。

YouTube/DEFSQUADFITNESS NJ

Ziolkowskiさんはフェイスブックの中で「このクジラがもう少しで私たちを転覆させていたかもしれないと思い、いまだにショックを受けています。これは間違いなく、私の人生の中でも最もクレージーな出来事の1つです」と語っている。

最近ニューヨークでも多くの目撃情報

 

もっとも大西洋側でザトウクジラが見られる機会は、ここ最近特に珍しいことではなくなっているという。

 

実際に5、6年前からニューヨークやニュージャージーの沖合には多くのザトウクジラが戻っていることが確認されているそうだ。

 

昨年もニューヨークの近海で、152頭のクジラの目撃情報が報告されているとか。

 

それにしてもこんな近くでクジラを目撃できるとは、非常に危険かもしれないが、珍しい体験だったといえるかもしれない。(了)

 

 

出展元:ABC7:Humpback whale gets close to boat off New Jersey(6/23)