ワニに襲われた子象を救うため、大人たちの反撃する場面が迫力満点


アフリカでワニに襲われた子象を助けようと、大人の群れが立ち向かう場面が撮影された。

象の群れを撮影中に目撃

 

その様子を目撃したのは現在、イギリスで暮らすバイオメディカル分野の科学者、Alexander Makangaさん。

 

彼は今月の初旬、生まれ故郷のアフリカ東部、Malawi共和国にあるLiwonde国立公園で、ボートに乗り象の群れを撮影していたという。

 

群れは喉の渇きをいやすため、ちょうど平原から川岸に現れ水を飲もうとしていたそうだ。

YouTube/Alexander Makanga

子象の鼻をくわえて離さないワニ

 

しかし象たちが草に覆われた岸辺に近づいた途端、ワニが現れ先頭にいた子象の鼻に噛み付いた。

 

YouTube/Alexander Makanga

痛みに悶え振り払おうとする子象。しかしワニも白い腹を見せながら、鼻をしっかりくわえて離さない。

 

YouTube/Alexander Makanga

しかも大人の象は突然の事態にうろたえ、大きな声を上げながらわずかに後退。もはや子象はワニの餌食になるかと思われた。

群れがワニに向かって突進していく

 

しかし次の瞬間、群れの中の1頭が前に進みワニを攻撃。さらに他の象も叫び声を上げながら加勢する。

YouTube/Alexander Makanga

YouTube/Alexander Makanga

その勢いに押されたのか、その後ワニの姿は見えなくなり、子象も大人の象に囲まれて姿を消していった。

 

この動画は4月11日に公開されてから、すでに90万回以上も再生されており、野生の象たちが声を上げる迫力のあるシーンが捉えられている。(了)

 

 

出展元:Mirror:Life and death battle between crocodile and elephant sees reptile bite off more than it can chew(4/17)