頭が2つあるヘビか?アルゼンチンで奇妙な生物を女性が見つけ話題に


アルゼンチンの女性が、まるで頭が2つあるヘビのような生き物を偶然見つけ、話題となっている。

写真や動画を撮影しFBに投稿

 

その女性とはサンタ・フェに住むLuján Erolesさん(46)。彼女はある日、中庭を歩いていたところ、不気味な生物を見つけ叫び声をあげたという。

 

その生物の大きさは10cmほどで、2つの頭を持つヘビのように見え、実際皮膚の表面もざらざらしていたそうだ。

 

もしかしたらミュータントかもしれない、そう思ったErolesさんは、その生物の動画や写真を撮影し、フェイスブックに投稿。すると多くの人からさまざまな意見が寄せられることに。

 

 

※虫などが苦手な方は、動画の閲覧にご注意いただきたい。

 

蛾の幼虫の可能性を指摘

 

あるユーザーは「これは突然変異した生き物だと思う。確かなことは、これは毛虫(幼虫)ではないということ。なぜならそれには足がないから」とコメント。

 

また「これは毒ヘビの頭かもしれないよ」や「体に障害のあるヘビだよ」なども含め、2800近くの意見が寄せられたという。

 

しかし多くの人は、「これはスズメガ(蛾)の幼虫(Hawk-Moth Caterpillars)ではないか」とコメントをしているそうだ。

 

成長すると8cm以上の蛾になる

 

「スズメガの幼虫」は開けた野原や森、街の中にある公園など広範囲に生息しているという。

 

成長すると8.5cm以上の大きさの蛾になるらしく、幼虫の時には捕食者に対し、体をより大きく見せるため頭の後ろに目のような印が付いているそうだ。

 

Erolesさんもフェイスブックにおいて次のようにコメントしている。

 

「私もグーグルで広範囲に調べ、また数人からもそれが蛾の幼虫だと教えられました。幼虫が私の中庭にいた理由は、家の近くにあるブドウの木を栄養源にしていたから。そして捕食者を怖がらせるために、ヘビのような姿にカモフラージュしていたのです」

 

それにしても本当のヘビのような姿になるとは、これなら捕食者もそう簡単に手を出すことはできないかもしれない。(了)

 

 

出展元:DailyMail:What on Earth is this? Woman finds strange snake-like creature with ‘TWO HEADS’ in her garden(3/24)