NYの川にクジラが出現!非常に珍しい姿を警官が撮影し話題に


巨大な摩天楼が立ち並ぶ大都会のニューヨーク。その近くを流れる川で、珍しくクジラが目撃されたとして話題になっている。

 

パトロール中の警官が発見

 

そのクジラの姿を撮影したのはニューヨーク警察の署員。彼らによればカメラに収めた12月31日の朝は、イーストリバーにある港の周りをボートに乗ってパトロールしていたという。

 

すると目の前にクジラを発見。それを撮影し、ニューヨーク警察署特別任務課のツイッターに投稿したそうだ。

そのクジラはマンハッタンのアッパーイーストサイド沿い、ニューヨーク市長が住んでいるGracieマンション(市長官邸)近くの沿岸を泳いでいたとされている。

 

クジラを目撃するのは珍しいこと

 

沿岸警備隊のFrank Iannazzo-Simmons氏はABCの取材に対し「オフィスからはクジラを目撃することはできませんでしたが、写真からすると、これはザトウクジラのように見えます」と答えている。

Twitter/NYPD Special Ops

また元海洋生物学者のPaul Sieswerda氏は、英紙guardianの取材に対し次のように語っている。

 

「この季節の遅い時期に、クジラがこの周囲にいるのは珍しいことです。ましてや彼らが港の中にいるのは、よくあることではありません。たいていザトウクジラはドミニカ共和国などの暖かい海域に向かうと考えられています」

Twitter/NYPD Special Ops

先月もNYでクジラが目撃される

 

沿岸警備隊によれば多くの船が行き交う場所でクジラなどを見つけた場合、航行の安全を図るためにも船員らに通知するようにしているという。

 

そして実はニューヨークの川では先月も、クジラが目撃されているそうだ。

 

今回撮影されたクジラは以前のものとは異なると見られているが、もしかしたらこの川は彼らにとって意外と住みやすい場所なのかもしれない。

 

出展元:Abc NEWS:Police: Whale Spotted in New York City’s East River(2016/12/31)

出展元:The guardian:Whale spotted in New York’s East river thought to be a humpback(2016/12/31)