インドのビーチで行われた史上最大のクリーン作戦、見事に美しく生まれ変わる


以前、莫大な量のゴミで埋め尽くされたビーチが、人間の手により見違える程生まれ変わったとして注目されている。

85週間で5000tのゴミを除去

 

その砂浜とはインドのムンバイにあるVersovaビーチ。そこにはかつて5000tものゴミが投棄され、約1.7mの高さにまで積み重なっていたという。

Twitter/Afroz Shah

Twitter/Afroz Shah

Twitter/Afroz Shah

しかしボンベイの法律家であるAfroz Shahさん(33)は、2015年10月から地元の住民とわずか2人で、1つ1つ手でゴミを拾い始めたそうだ。

 

やがて2人の活動は徐々に知られることとなり、数カ月後には1000人のボランティアが参加。その中には地元企業の労働者や学校の子供たち、またはボリウッド・スター(映画俳優)たちも加わったとされている。

Twitter/Afroz Shah

Twitter/Afroz Shah

しかもその後も活動は続けられ、85週間に及ぶ作業の結果、5000t以上のゴミを除去。以前の姿からは想像もできないほど美しいビーチに生まれ変わった。

誰も見向きをしなかった場所

 

そもそもこのビーチは数年間も不法にゴミが投棄される場所として利用されており、ムンバイでも最も汚れた海岸線と考えられてきたという。

 

また風向きにより、近くにあるスラム街からも多くのゴミがこの海辺に集められ、Shahさんが活動を始めるまで、誰も見向きもしなかったそうだ。

 

しかし2年前にこの近くに引っ越してきたShahさんは、このビーチにゴミが積もっている姿を目撃。環境を守るため、実際に現場で行動を起こさないといけないと思い、清掃活動に取り組みはじめたとされている。

Twitter/Afroz Shah

Twitter/Afroz Shah

国連から活動が認められ、賞も贈られる

 

またShahさんは単にゴミを集めるだけでなく、このビーチに設置された52の公衆トイレも清掃。さらに綺麗になったビーチに50本ものココナッツの木を植えたという。

 

国連環境計画(UNEP)はこの活動を歴史上、世界で最も大規模に行われたビーチのクリーン作戦としてほめたたえており、昨年Shahさんには国連から「Champion of the Earth」という賞が贈られた。

 

Shahさんは5月19日、ついに生まれ変わったビーチの写真をツイッターに投稿。その中で「Versovaビーチは今ではゴージャスで美しくなった。私たちはこれを維持する必要がある」とコメントしている。(了)

 

出展元:MailOnline:What a difference an 85-week clean-up operation makes! 5,000 TONNES of rubbish is hand-picked from a polluted Mumbai beach(5/29)