幼稚園から高校卒業の日まで、いつも学校に送ってくれた父親との写真が話題に


父親と娘の絆を表した2つの写真がネットに投稿され、話題となっている。

幼稚園の初日と高校卒業の写真

 

その写真を作成したのはアメリカ、テキサス州のAlvordという街に住むJason Gaylerさん。

 

彼は昔と今の2枚の写真をくっつけ、それを娘のBrittanyさん(18)がツイッターに投稿した。

 

その1枚目の写真は、彼女が幼い頃キンダーガーテンに初めて通い始めた日に撮影したもので、もう1つは高校を卒業する最後の日に撮られたもの。それらの写真には常に学校へ送ってくれる父親の姿が映っていた。

Brittanyさんはキャプションで「私のパパは初めて学校へ通い始めた日に、私と歩いて送ってくれました。そして今日、学校に通うまさに最後の日も、パパは私と一緒に歩いてくれた」と綴っている。

6万2000人以上が「いいね」

 

この写真が投稿されると、1万3000人がリツイート。さらに6万2000人以上が「いいね」をし、多くのメディアにも取り上げられたという。

 

父親のJasonさんもBuzzFeedの取材を受け「高校生として最後の日に、娘と学校まで一緒に歩きながら、ずっと涙をこらえていました。それは感情が高まる瞬間でした」と語っている。

両親にはいつも感謝している

 

もっとも10代になると友人の目もあり、両親に学校まで送ってもらうのを恥ずかしがる子供もいる。

 

Brittanyさんも普通の10代のようにちょっぴり恥ずかしかったようだが、それでも自分に対して献身的で愛しい父親には感謝しているという。

 

彼女は取材において「私は両親が自分のために常に学校へ来てくれることに、いつも感謝していました」と語っている。

 

そんな気持ちを表したこのツイートには、娘と父親がお互いを思う気持ちがいっぱい詰まっているにちがいない。(了)

 

出展元:METRO:Dad perfectly recreates daughter’s first day at school photo(6/10)