メキシコの首都をM7.1の地震が直撃、建物倒壊の瞬間を捉えた動画がショッキング


9月19日、メキシコで大規模な地震が発生し、建物が倒壊するなどして多くの死傷者が出ているという。

 

恐ろしい瞬間を捉えた動画が投稿される

 

今回起きた地震の規模はM7.1、震源地は首都メキシコ・シティに隣接するプエブラ州、Atencingoという街の付近と見られている。

 

街は大きな揺れに襲われ、複数の建物が倒壊。その下敷きになるなどして多くが負傷し、現在までに少なくとも61人が死亡しているそうだ。

 

また地震の発生が日中だったこともあり、ネットには恐ろしい瞬間を捉えた動画が複数投稿されている。

 

下の動画では街全体が波のように大きく揺れ、その後信じられない光景が。

建物から火が出ているが、その後大爆発が発生。

川も地震の影響のため大きくうねり、ボートに乗っていた観光客も恐怖に怯える様子が映っている。

倒壊した建物にまだ人が残されている

 

各州の当局によればこれまでに死亡した人数は、首都の南にあるモレロス州で42人、西のメキシコ州で8人、南東のプエブラ州では11人だという。

 

人口2000万人を抱えるメキシコ・シティの当局は、現在4人の死亡を確認しているが、今後も犠牲者が増える見込みがあるそうだ。

 

また倒壊した建物の中には、まだ数多くの人々が取り残されていると見られており、現在も懸命の救助活動が行われているという。(了)

 

出典元:METRO:At least 61 dead as buildings collapse across Mexico City after powerful earthquake(9/19)