「もう人肉には飽きた…」南アで女性を殺害し、その肉を食べた男たちが逮捕される


南アフリカ共和国で人肉を食べたと主張する男が警察に出頭し、その後逮捕された。

 

犠牲者は1人ではない可能性

 

南アフリカの当局によれば、その男は8月18日に女性の足を持って警察に出頭し、取り調べに対し「人間の肉を食べるのに飽きた」と語っていたという。

 

Estcourt警察のThembeka Mbhele氏はNews24 の取材に対し「容疑者は女性をレイプし、殺し、体を切り刻み、それを食べたと考えられています。また犠牲者は1人だけではないかもしれません」と語っている。

 

家宅捜索で多くの体のパーツを発見

 

警察はその後、男の供述により家宅捜索を実施。海沿いのダーバンという街の近くにあるPietermaritzburg市内の家で、多くの体のパーツを発見したそうだ。

 

また警察はこの男以外にも3人の男を逮捕。4人は22歳から32歳で、今週の初めにEstcourtにある裁判所へ出廷し、殺人と共謀罪の容疑で起訴されたという。

 

4人の男のうち2人は伝統的なヒーラー(心霊治療師)で、大規模な犯罪組織の一員の可能性があると言われている。

Googlemap Pietermaritzburg, KwaZulu-Natal, South Africa

村人も人間の肉を食べたことを認める

 

現在、警察は他にも男たちに殺された被害者がいないか捜査を続けており、行方不明になった人がいる家族にDNA検査をするため、申し出るよう促している。

 

またNews24によれば、コミュニティの会議に出席していた約300人が、犯人の男から渡された肉を人間のものと知りながら食べたことを認めているという。(了)

 

 

出典元:INDEPENDENT:Cannibalism suspect in South Africa ‘tells police he is tired of eating human flesh’(8/24)

出典元:News24:’I’m tired of eating humans’(8/21)

出典元:BBC:Men in South Africa court on cannibalism charges(8/21)

出典元:News24:Hundreds confess to eating human flesh(8/22)