「イルマ」により海水が消失する異様な現象が発生!残されたマナティを住民が救助


ハリケーン「イルマ」の影響により、アメリカのフロリダ沿岸で海が消失するという、異様な現象が起きた。

 

見渡す限り干潟、異様な光景

 

この現象が発生したのは、「イルマ」がフロリダに接近していた9月10日。大量の海水が姿を消した光景を、複数の人々が目撃したという。

 

下の撮影場所はフロリダで2番目に大きなシャーロット・ハーバー。見渡す限りまで干潟が広がっている。

 

またセント・ピーターズバーグという場所でもこの通り。海藻だろうか、緑の草らしきものが広がっている。

日曜日にこの様子を撮影したJason Beiselさんは、ツイッターで「不気味な場所だ。タンパ湾の海水がすでに吸い取られてしまった。これはセント・ピーターズバーグのウォーターフロントからの光景だ」とコメントしている。

 

下はドローンの映像。遥か彼方まで浅瀬を人々が歩いていく姿が映っている。

 

さらにフロリダ半島から離れた、南のバハマの島でも同じ現象が。

 

気象学者によれば、これはハリケーン「イルマ」が引き起こした現象で、低気圧によって浅瀬の海水が吸い寄せられ、さらに北東寄りの強い風によって押し流された結果だという。

 

マナティも身動きとれず残される

 

海水消失により多くの生き物たちも影響を受けたとみられており、セント・ピーターズバーグでは、マナティが身動き取れない状態で発見されている。

 

発見者のMarcelo Clavijoさんたちはそんなマナティを救おうと、水を与え続けたという。映像でもぬかるんだ地面に足を埋めながら、救助を試みる様子が映っている。

Facebook/Marcelo Clavijo

Facebook/Marcelo Clavijo

Facebook/Marcelo Clavijo

その後、集まった人々の協力により大きなマナティを防水シートに載せて運搬。やがて深さが十分ある海へ戻すことに成功したという。

Facebook/Marcelo Clavijo

Marcelo Clavijoさんは救助している映像をフェイスブックに投稿。その後この動画は773万回も再生された。(了)

 

 

出典元:CNN:Shorelines drained in eerie effect of Hurricane Irma(9/10)

出典元:NTPost:Good Samaritans save stranded manatees from Irma(9/10)