巨大な魚の群れにサメが接近、さまざまに形を変える群れの空中映像が面白い


サメを避けようと、巨大な魚の群れがさまざまに形を変える空中映像が、アメリカで撮影された。

 

ドローンによる映像が詳細に捉える

 

これを撮影したのはTovi Sonnenbergさん。彼はニューヨーク州のLong Island島にあるハンプトンズの沿岸で、8月16日にドローンを使って撮影した。

 

映像には岸から約500m離れた所に、ニシン科のメンハーデンと思われる魚の巨大な群れが写っている。

YouTube/Tovi Sonnenberg

この姿だけでも壮観だが、そこへ3匹のサメがエサを求めて接近。すると魚の群れは、サメを避けようと、形をさまざまに変えていく。

しかし映像の終わり頃になると、サメに襲われたためか、群れのいたるところで白い水しぶきが上がっているのが確認できる。

YouTube/Tovi Sonnenberg

さまざまなサメが生息している

 

映像ではサメの種類は特定できていない。しかしこの海域には、アオザメやオナガザメ、サンドタイガー、メジロザメといったサメが生息しているという。

 

またこれらの小魚の群れは、クジラやイルカなども引き寄せることがあるそうだ。

 

Sonnenbergさんが撮影した動画は、魚の群れの動きが上空からはっきりと写っているとして話題となり、現在までに1万2000回以上も再生されている。(了)

 

 

出典元:MailOnline:Astonishing drone footage shows SHARKS in a feeding frenzy off the coast of the Hamptons(8/23)