Switch news

知っておきたい世界のニュース

インドネシアの青年の喉に、海面から飛び跳ねた魚の口が突き刺さる

インドネシアの青年の喉に、海面から飛び跳ねた魚の口が突き刺さる
Twitter/Nota Kehidupan

インドネシアで釣りをしていた青年が、鋭い口を持った魚に刺されるというショッキングな出来事が起きた。

 

魚の群れが海面から飛び跳ねた

 

その青年とは、Muhammad Idul君(16)だ。彼は1月18日、 南東スラウェシのブトン県にあるWakinamboro村の沖合で、家族とともに釣りを楽しんでいたという。

 

しかしその時、突然「ダツ」の群れが海面からジャンプしてきたそうだ。

 

そして不幸なことに、「ダツ」の鋭い口がMuhammad君の喉に突き刺さり、後ろまで貫通してしまう。(写真にはモザイクがかけてあるが、念のため閲覧にはご注意いただきたい)

 

Twitter/Nota Kehidupan
Twitter/Nota Kehidupan

2時間かけて魚の口を取り除く

 

Muhammad君はその後、南東スラウェシの病院へ運ばれ、さらにマカッサル

にあるWahidin Sudirohusodo病院へ移送された。

 

そこでは3人の外科医と2人の麻酔科の医師によって手術が行われ、2時間かけてMuhammad君の喉から魚の口を取り除くことに成功した。

 

Twitter/Nota Kehidupan

 

この手術は非常にリスクが高かったが、幸い魚の口の位置が良く、出血を止めていたという。

 

現在、Muhammad君は回復に向かっており、容態も比較的安定しているが、まだ感染症の危険もあり、熱もあることから、病院に留まっているそうだ。

 

「ダツ」は鋭く長い口が特徴の魚で、最大時速60kmの速さで海面から跳ね上がると言われている。(了)

 

 

出典元:nzherald:Indonesia teen has two-hour surgery after being impaled by a needlefish(1/23)

出典元:METRO:Fish jumped out of water and stabbed boy through the neck(1/22)

Return Top