インドネシアで男性が7メートルもある巨大なヘビと格闘、傷を負うも退治する

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

これまでも多くの人がヘビの被害に遭ってきたインドネシアで、巨大なパイソンと格闘し勝利を収めた男性が注目されている。

 

7mもある巨大なパイソンが道に

 

その男性とはインドネシアのリアウ州で、パーム農園の警備員をしているRobert Nababanさん(37)。

 

彼はその日、仕事を終えて帰宅しているところ、2人の歩行者が7mもあるパイソンによって道を阻まれている姿に遭遇したという。

 

そのためNababanさんは通行人を助けようと、ヘビに戦いを挑み、道の真ん中で格闘をし始めたそうだ。

Googlemap Riau Province of Indonesia

血みどろの戦いを繰り広げる

 

無論、巨大なヘビが体に巻きつけば、大人でもひとたまりもない。しかも実際にパイソンはNababanさんに牙を剥き、彼の腕にも噛み付いてきたとか。

 

その場にいた通行人は両者が血みどろの戦いを繰り広げるのを、ただ見守るしかなかったという。

 

しかしNababanさんは最終的に巨大なパイソンの息の根を止め勝利。自らも深手を負ったため、その後急いで病院へ運ばれたと言われている。

Facebook/AsiaWire

殺されたヘビは村で吊るされる

 

地元メデイアによれば、Nababanさんは左腕や手に深い傷を負い、現在も命の危険にさらされており、病院では懸命の治療が行われているという。

 

また死んで捕獲されたパイソンは、村にある洗濯の物干し竿のような場所に吊るされているそうだ。

Facebook/AsiaWire

インドネシアでは今年の3月にも巨大なパイソンが捕獲されており、その腹の中から大人の男性が遺体で発見されている。(了)

 

出典元:MailOnline:Indonesian man, 37, wins exhausting fight to the death with 23ft-long python which left him with horrific injuries(10/4)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でswitch newsをフォローしよう!


  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •