Switch news

World News Odyssey

サイエンス

Category

Pickup

中国が人工の“月”を打ち上げる計画を発表、その目的とは?

中国が人工の“月”を打ち上げる計画を発表、その目的とは?

中国が人工の“月”を打ち上げる計画を発表し、注目を集めている。 本物の月の8倍の明るさ 中国による人工の“月”の打ち上げは、2020年までに実施されることが計画されている。 その表面は鏡のような光を反射する素材で作られ、成功すれば本物の月の8倍の明るさで地上を照らすことが出来るという。&n...
ハッブルに続き、チャンドラX線観測衛星もセーフモードへ、原因は謎のまま

ハッブルに続き、チャンドラX線観測衛星もセーフモードへ、原因は謎のまま

先日、ハッブル宇宙望遠鏡がセーフモードに入ったが、今度はNASAのチャンドラX線観測衛星も停止状態に入った。 自ら停止し、セーフモードへ移行 NASAは先週金曜日、チャンドラX線観測機が東部夏時間の10月10日、午前9時55分頃に自動停止したと発表した。 この原因は分かっておらず、現在も調...
外交問題も人工知能で解決?中国で政策決定を補佐するAIシステムを開発中

外交問題も人工知能で解決?中国で政策決定を補佐するAIシステムを開発中

AIやビッグデータの分野で著しい成長を続ける中国。そこでは現在、外交問題の政策を補佐するAIシステムが開発されていると、South China Morning Postなどが伝えている。 すでにプロトタイプを開発中 このプロジェクトに関与し、精通している研究者によれば、中国ではすでに人工知能を使った...
本の大きさのソーラーパネルで家の電力を賄える、英大学が画期的な方法を開発

本の大きさのソーラーパネルで家の電力を賄える、英大学が画期的な方法を開発

イギリスの科学者らが、小さなソーラーパネルで家庭の電力を賄うのに十分なエネルギーを生み出す、新しい方法を開発したとして注目を集めている。 「漏斗」の働きを利用した方法 その技術を開発したのはイギリスのエクセター大学の研究チーム。大学のリリースによれば、彼らは光を電力に変換する太陽光エネルギーを生み出...
ハワイで発見された生物、遺伝子解析でクジラとイルカとの混血と判明

ハワイで発見された生物、遺伝子解析でクジラとイルカとの混血と判明

クジラとイルカの間に生まれた、珍しい動物がハワイのカウアイ島沖合で発見され、その後研究者らによってハイブリッド(交雑種)であることが確認された。 昨年の夏に発見され、可能性が指摘される Cascadia Research Collectiveの研究者らによれば、その生物はカズハゴンドウ(クジラ目)と...
Return Top