Switch news

知っておきたい世界のニュース

アルビノの大家族がギネス認定、アジア系なのに見た目は白人

アルビノの大家族がギネス認定、アジア系なのに見た目は白人
Guinness World Records

イギリスに暮らすアルビノの大家族、そのうち6人が、世界で最も人数の多いアルビノの兄弟姉妹として、ギネス記録に認定された。

 

アルビノの両親から生まれた6人

 

アルビノ(albino)は、先天的にメラニンが欠乏する遺伝子疾患(先天性白皮症)を持つ人や動物のことをいう。

 

ギネス世界記録に認定された6人(Naseem Akhtar、Ghulam Ali、Haider Ali、Muqadas Bibi、Musarat Begum、Mohammed Rafii)は、イギリス・コヴェントリー市に住む兄弟姉妹で、全員がアルビノだ。

 

Guinness World Records

 

長女のNaseemさんは、自分たちが持つ疾患についてこう説明する。「それは目と皮膚と髪の色に影響します。生まれながらにして色素が欠乏しているのです。遺伝子に異常があるのでそうなってしまいます」

 

また、「両親共にアルビノである場合、それが子に遺伝する」という。

 

彼らの両親、Aslam ParvezさんとShameem Akhtarさんもアルビノで、一家合わせるとアルビノが8人。これも珍しいが、もっと人数の多いアルビノ一家がインドに居るらしく、今回Naseemさんたちは、最多人数のアルビノの兄弟姉妹としてギネス認定された。

 

スポンサーリンク

アルビノであることが強めた親族の絆

 

肌の色が違う彼らは、学生時代には虐められたそうだ。インタビューを受けたGhulam Aliさんはこう話す。

 

「今よりずっと若い頃、学校や大学に行っていた時分、私たち兄弟はある意味一体となって団結していました。虐められたり、酷い言葉で罵られることが、確かにありました」

 

また、Mohammed Rafiiさんはこう言う。

 

「私たちは普通の人ほど目が良くありません。けれども、団結すれば、誰も私たちに危害を加えられないと分かっていました」

 

Guinness World Records

 

「私たちは1つのチームなんです」と言う長女のNaseemさんは、「時が経った今、自分のこの状態が好きになっています。アルビノであることは、私をとてもユニークな存在にしてくれるからです」と話す。

 

両親ともパキスタン人で、Naseemさんたちも人種としてはアジア系だが、見た目は白人のよう。そのため彼女は「社会や人間を公平に見て、偏見のない意見を持つことができる」と語っている。(了)

 

出典元:UPI:British family earns Guinness World Record for most albino siblings(2021/12/30)

出典元:Guinness World Records:“We are a team”: Six siblings with albinism break world record(2021/12/29)

出典元:Wikipedia:アルビノ

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

Return Top