Switch news

World News Odyssey

Pickup

南国のビーチを裸足で歩いただけで寄生虫に感染、カップルが警鐘を鳴らす

南国のビーチを裸足で歩いただけで寄生虫に感染、カップルが警鐘を鳴らす
Facebook/Katie Stephens

旅行中、ビーチを歩いて寄生虫に感染し、足が膨らみ激しいかゆみに襲われたとして、カナダ人カップルがエピソードを語っている。

 

足が膨れ、つま先には突起も

 

そのカップルとは、オンタリオ州に住む女性のKatie Stephensさん(22)と、恋人のEddie Zytnerさん(25)。

 

2人は今年1月にカリブ海のドミニカ共和国へ旅行に行き、Punta Canaというリゾート地に滞在していたという。

そして1月18日に帰国した後、2人は自分たちの足が非常に膨れて、つま先には小さな突起があるのに気づいたそうだ。

 

当初、2人は単に虫に噛まれたと思っていたが、時間が経つにつれ症状が悪化。激しいかゆみにも襲われ、その後、病院へ向かった。(写真の足は悪化しているため、閲覧にはご注いただきたい)

Facebook/Katie Stephens

医者も当初、原因がわからなかった

 

しかし複数の医者から診察を受けるも、原因は不明。ただ3番目の医者は、タイへ旅行に行った人が同様の症状で苦しんでいるのを見ていたそうだ。

 

その結果、2人は幼虫移行症(鉤虫症)に感染していると判明。医者は体内で成長する寄生虫を殺すため、2種類のイベルメクチンという薬を処方したという。

 

しかしカナダの公共保健所はライセンスがないとして薬の要請を却下。そのためKatieさんの母親が、わざわざアメリカのデトロイトへ行き、薬を入手したそうだ。

 

FBに自らの経験談を投稿、警鐘を鳴らす

 

問題はどこで寄生虫に感染したのかだが、Katieさんはフェイスブックにおいて「Punta Canaのリゾートにある砂のビーチを歩いている時に、寄生虫に接触したと思われます」と書いている。

 

またKatieさんはこのような病気があることを皆に伝えるため、フェイスブックに自身の経験談を投稿。そこで次のように語っている。

 

「私たちはより多くの医者に、それがなんなのか、また症状の見分け方などを知らせたいのです。というのも原因が何かが分かるまで、私たちは病院で数日間過ごしたからです」

 

その後、2人の容態は良くなっていったようだが、肌がひどく傷ついており、その後も必要な治療法を決めるため、専門家に診察してもらう予定だという。(了)

 

出典元:CTV:Ont. couple contract ‘hookworms’ on Punta Cana vacation(1/26)

出典元:NYPost:Romantic walk on the beach leaves couple with grossly deformed feet(1/29)

Return Top