英のマンション火災、室内に取り残された人々の悲痛な映像が配信される

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

6月14日午前0時54分(現地時間)に、イギリスのロンドン西部にある公営住宅「ランカスター・ウェスト・エステート」のGrenfell Towerで起きた大規模火災。

 

その発生時に、室内にいた女性により撮影された映像が公開されている。

煙から逃げる人々を部屋に招く

 

その映像を撮影したのは公営住宅の住人で、2人の娘の母親であるRaina Ibrhamさん。火災発生時、彼女は23階の部屋に子供とともに取り残されていたと見られている。

 

そして当時の様子を撮影し、午前1時38分に自らのフェイスブックにライブ動画を配信した。

 

動画には初め部屋の内部の様子が映っており、その後ドアを開ける場面が映し出される。

Facebook/Rania Ibrham

廊下は電気がついているが、黒い煙が立ち込めていた。エジプト出身のIbrhamさんは、煙から逃げる人々を自分の部屋に招き入れようと隣人に何度も声を掛けている。

Facebook/Rania Ibrham

Facebook/Rania Ibrham

その後、一旦部屋に戻ったIbrhamさんはバルコニーへ移動。映像には公営住宅の下の様子が映し出される。

Facebook/Rania Ibrham

動画にはすでに消防車のサイレンが聞こえており、Ibrhamさんの家族は何度も「私たちは23階に取り残されている!多くの人々が上の階に残されている!」と叫び、助けを求めていた。

 

またその後、彼女はかかってきた電話に出た後、家族に対し「警察が私たちにここから出るよう言っているわ。でもビル全体が火災になっている。私たちは上の階にいるし、どうやって出ればいいというの?」と語っているという。

 

映像が撮影された時点では、まだ火がIbrhamさんのいる部屋には到達していない。しかしこの後、火災はどんどん燃え広がり、建物全体を覆っていく姿が地上にいた人々によって撮影されている。

犠牲者がどの程度増えるか予想できず

 

イギリスの消防当局によれば、現時点での火災による死者は12人で、74人が病院へ運ばれて治療を受けているという。

 

しかし治療を受けている人のうち18人は重傷とされ、また建物には行方不明者が多く残されているとみられており、今後どのくらい犠牲者が増えるか分かっていないそうだ。

 

またIbrhamさんや2人の娘さんらがその後、どうなったのかも分かっていない。友人や親戚は悲痛な気持ちで、彼女らの無事を祈っているという。(了)

 

 

出展元:ABC:London tower fire: Grenfell Tower resident Raina Ibrham shares video from inside inferno(6/15)

出展元:METRO:Tragic footage from inside burning Grenfell Tower shows victim’s fight to escape(6/14)

参考:BBC:ロンドン西部の高層公営住宅が炎上、少なくとも12人死亡(6/15)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でswitch newsをフォローしよう!


  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •