Switch news

知っておきたい世界のニュース

英の公園で大型のネコ科動物を目撃、普通に歩いていく姿に住民もびっくり

英の公園で大型のネコ科動物を目撃、普通に歩いていく姿に住民もびっくり
Twitter/JamPress

イギリスの公園で、ネコ科の動物が歩き回っている映像が撮影され、人々を驚かせている。

 

犬ほどの大きさだった

 

その動物が目撃されたのは8月9日、場所はイングランドの街、ケンブリッジにある「コールダムズコモン」と呼ばれる自然保護区だという。

 

このネコ科の動物は「サバンナキャット」に似ており、茶色の毛に黒いまだら模様が入っていたそうだ。

 

撮影したDan Underwoodさんによれば、午後4時頃にこの動物を目撃し、それはちょうど犬ほどの大きさで、先の尖った耳をしており、普通のネコよりもかなり大きかったという。

 

サーバルキャットとネコとの混血か

 

無論、このような大きなネコ科の動物は、イギリスではほとんど見かけることはない。

 

Underwoodさんは、今回目撃した動物を「サバンナキャット」と考えており、これはサーバルキャットと一般の猫との間に生まれたものだという。

 

またこれと似たようなネコ科の動物が、今年もロンドン北部にあるハイゲート地区をさまよっているのが目撃されているとか。

 

先日、日本でもサーバルキャットが脱走したというニュースが流れたが、今回も何らかの形で子孫を残し、生き延びていたのかもしれない。(了)

 

 

出典元:MailOnline:Large wildcat ‘the size of a medium dog’ is spotted casually strolling through Cambridgeshire countryside(8/11)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top